タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Cegah Penularan Covid-19, Jokowi Imbau Masyarakat
Tak Makan di Tempat

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
28/07/2021, 07:47 WIB


ジョコ・ウィドド大統領は、屋台や同様の場所であまり長く過ごしないように国民に訴えました。

Covid-19感染性が強いことを考えると、持ち帰りシステムを使用するか、その場で食事をしないことをお勧めします。大統領事務局のYouTubeで火曜日(2021年7月27日)

Covid-19の蔓延を防ぐため、ジョコウィ大統領は、人々が居る場所で食事しないように促す! COVID-19 | PPKM | 新型コロナ

ただし、その場で食事をしなければならない場合は、時間をかけずにできる限り効率的に食事をする事をお勧めします。さらに、屋台などで食事をする人も、距離の維持や手洗いなどの健康プロトコルを引き続き適用するよう求められます。

すべての当事者に、政府によって課された制限を理解し、真剣に従うよう求めた。これらの規定は、コロナウイルスの感染を防ぐためにのみ施行されたと彼は述べた。

 「私たちが真剣であれば、次の2〜4週間で結果を得ることができ、政策が管理されていることを確認できます」と彼は言いました。

「私たちが真剣であれば、次の2〜4週間で結果を得ることができ、事件の状態が管理されていることを確認できます」と彼は言いました。

内務大臣のティト・カルナヴィアン氏は同様の訴えをした。

ジャワ–バリコミュニティ活動制限レベル4を実装するための規則に従い、屋台または同様の場所で食事をしたい人は最大20分に制限されています。

ティト氏によれば、屋台で食事をするのに20分で十分だそうです。

その後、訪問者は他の人と交代で人が集まらないようにすることができます。

彼はまた、屋台にいる間は長い間おしゃべりしたり大声で笑ったりしないように国民に注意を促した。

これは、これらの活動によって飛沫やエアロゾルが飛散し、ウイルスが伝染しやすくなるためです。

 「あまり話さずに食べれば20分で十分です、その後、他の方々に交代します」とティト氏は月曜日(2021年7月26日)に言いました。

ジャワ–バリコミュニティ活動制限レベル4は、2021年7月26日から8月2日まで延長されました。ポリシーは、2021年7月3日から20日まで有効な緊急PPKMの延長です。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。