タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Bisnis Restoran Kian Lesu, Layanan Pesan Antar
Tidak Jamin Keberlangsungan

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
28/07/2021, 13:12 WIB


インドネシアのいくつかの地域のレストランは、PPKMがパンデミックの間、飲食業者がビジネスを維持できることを保証しない限り、緊急PPKMからレベル4PPKMまでの配達注文とテイクアウトフードサービスのみに依存しています。

 Antaranews.comから引用されたハリヤディ氏によると、「飲食業者がテイクアウトサービスで助けられるかどうかについて話す場合、それは確かではない」と述べた。

外食事業は低迷して、宅配サービスは継続性を保証するものではありません! COVID-19 | PPKM | 新型コロナ

ハリヤディ氏によると、購買力の高い人は配達注文サービスに切り替えるという。

ただし、購買力が低い人たちは、毎日食べ物を注文することはほとんどありません。

「彼らは家で料理することを選ぶ」とハリヤディ氏は言った。

モール内のレストランも厳しい状況にあります。

ハリヤディ氏によれば、その理由は、モール内の他の活動と一緒にモール内のレストランで食事をすることです。

なぜなら、モールの魅力のひとつは、レストランでの食事体験を楽しみたいということです。

すべてのレストランが配達注文サービスに基づいているわけではありません。 ハリヤディ氏によると、実際に食事を楽しめるように設計されたレストランがあるという。

「2つのサービス(配達注文と食事)には独自の市場シェアがあります」と彼は付け加えました


また、ホテルやレストラン部門の購買力を高めることは非常に困難であるとも述べました。

彼によると、ワクチン証明書を提示するなど、訪問者に譲歩しなければならないある場合、それも効果がありません。

 「人々は政府の規制を見ています。PPKMレベル4の場合、彼らは移動しません」と彼は付け加えました。

 PPKMの方針により、ビジネスと市場は低迷しました。

それでも、ハリヤディ氏は政府が3T(テスト、トレース、治療)を真剣に受け止めなければならないことを望んでいます。

 「要点は、PPKMだけでなく、ウイルスの処理方法です。 それははるかに重要です」と彼は結論付けました。

カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。