タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Antibodi Vaksin Sinovac Turun Setelah 6 Bulan,
Mungkinkah RI Berikan Booster?

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Rabu, 28 Jul 2021 15:40 WIB


シノバック・ワクチンの最新の研究では、ワクチン接種後の抗体は6か月後に衰退することが示されています。

この研究は、18〜59歳の成人の血液サンプルを、それぞれ50人の参加者がいる2つの研究グループで採取することによって実施されました。

シノバック・ワクチンの抗体は6か月後に低下、インドネシアはブースターを与えますか? シノバック | ワクチン | 新型コロナ

「2週間から4週間にわたる2回の投与を受けた参加者の場合、2回目の投与から6か月後に抗体レベルが閾値を超えたのは16.9%と35.2%のみでした」と同論文は述べています。

インドネシアの免疫化技術諮問グループ(ITAGI)のスリ・レゼキ教授(SpA(K))の議長は、シノバック・ワクチン抗体に関連する「たった6か月」の研究をレビューしたことを確認しました。

しかし、彼は、シノバックのワクチン接種から6か月が経過した一般市民に対して、ブースター可能性が推奨されているかどうかを明らかにすることをためらわなかった。

「研究はインドネシア保健省に提出された」と彼は水曜日(2021年7月28日)にAFPに言った。

知られているように、ジョコ・ウィドド大統領とラフィ・アフマド副大統領氏は、シノバックコロナワクチンの最初の接種者でした。

1月27日から7月28日まで、シノバックワクチンを接種してから6か月が経過しました。

しかし、特にジョコ・ウィドド大統領のように最初のシノバックワクチンを接種した人物に関して、スリ氏は関係者がブースターのワクチン接種を受ける時期であるかどうかを直接コメントすることを躊躇しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

2 thoughts on “シノバック・ワクチンの抗体は6か月後に低下、インドネシアはブースターを与えますか?

  1. 政府はワクチンの切り替えには、そう説明するしか無いのでしょうね
    チリやセーシェルを見れば抗体を形成される確率は50%程度です。

    何度も変異を繰り返し、現在はデルタ型が中心です。
    中国製不活化ワクチンでは抗体形成は難しいと考えます。
    感染力の強いデルタ型にはワクチンを切り替えないと感染爆発は収まりません。
    個人的にはメッセンジャーRNAのファイザーやモデルナを推奨します。

    1. コメントありがとうございます。
      とうとう、言い始めたインドネシア人社会です。

      でも今日のニュースで、3回目もシノバックを打つという、話が出ています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。