タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Tol Cibitung-Cilincing Seksi 1
siap dioperasikan mulai Sabtu

オンラインメディア「アンタラニュース」が伝えています!
Jumat, 30 Juli 2021 14:39 WIB


PT Cibitung Tanjung Priok Port Tollways(チビトゥン・タンジュンプリオック・高速会社)、

ブカシ県のCibitung-Telaga Asih(チビトゥンーテオゥラガ・アシ)インターチェンジのチビトゥンーチリンチ有料道路(Cibitung-Cilincing Toll Road )セクション 1のセグメントが、

技術会議 (管理要件、機能要件、およびオペレーティングシステム)の後、

土曜日(7月31日)から営業を開始する準備ができていると発表しました。

有料道路「チビトゥンーチリンチ」セクション1は土曜日からの運行準備ができています!

金曜日、チビトゥンのチビトゥン・タンジュンプリオック・高速会社の トーリ・ヘンダルト社長は、この国家戦略プロジェクトの運営は、公共事業住宅省番号837 / KPTS / M / 2021の法令に基づいていると述べた。

彼は、2.65キロメートルの有料道路は、東ジャカルタから北ジャカルタへの移動時間を短縮できると予測されているJORR2有料道路の一部であると述べた。

「チビトゥンからタンジュンプリオックまでは、通常、ジャカルタチカンペック戦と都心部の有料道路を経由して1時間以上かかります。しかし、それが完了すると、チビトゥンーチリンチを通過するのに約30分で済みます」と彼は言いました。

トーリー氏によると、この有料セグメントの運営は2段階で計画されているという。 1つ目は2021年7月31日から8月7日まで、道路利用者が料金の対象とならないように試験的な状態になります。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。