タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Stok Vaksin Tinggi untuk Distribusi Ke Daerah,
Tidak Ada Vaksin Terbuang atau Hilang

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Sabtu, 31 Juli 2021 | 13:40 WIB


政府は金曜日(7月30日)にシノファーム・ブランドのCovid-19ワクチンを150万回接種しました。

このシノバックワクチンは、原材料から製造したものです。それらはすべて、最初にビオファームによって処理されました。

「現在、ビオファームによって生産されるCovid-19ワクチンの数は、完成したワクチンの1億1730万回分に達しています。

この使用量はワクチン接種を加速するために、8月に改善されるでしょう」と国有企業省の特別スタッフであるアルヤ・シヌリンガ氏は木曜日(2021年7月29日)に述べました。

地域へ配布のためのワクチン在庫豊富!ワクチンの無駄や不足はありません COVID-19 | シノバック | ワクチン

アルヤ氏は、ビオファームが完成させたワクチンの8000万回以上を34の州に配布したと付け加えました。

「これまで、インドネシアのCovid-19ワクチンの在庫は、将来使用するのに十分です。

したがって、ワクチンの在庫が投棄されているというニュースがある場合、それは真実ではありません。

Covid-19ワクチンの現在の在庫は、インドネシアで供給が安全であり、ワクチン接種を加速するために使用されることを証明します」とアルヤ氏は説明しました。

現在までに、インドネシアは1億7,460万回分のワクチンを原材料および完成した形で確保しています。 2021年8月、政府はシノバック・アストラゼネカ・モデルナ・ファイザーから4500万回分のCovid-19ワクチンを導入する予定です。

「確保された計画と在庫により、インドネシアは8月の予防接種の実施が安全であり、目標を達成するために増やすことができることを保証できます。もちろん、ワクチンの使用は政府によって規制されるだろう」と語った。

インドネシア保健省のCovid-19ワクチン接種のスポークスマンであるシティ・タルミジ博士は、後で使用されるCovid-19ワクチンの在庫は慎重に使用されるよう期待されていると述べました。

予防接種の地域範囲を広げることに加えて、利用可能なワクチンはまた、最初の投与を受けた人々が予定通りに、2回目の投与も保証されるように考慮されることが望まれます。

ナディア博士によると、人口の70%が初回投与を受けるように予防接種の適用範囲を拡大することに加えて、初回投与を受ける人のための予防接種スケジュールとワクチン在庫の適切な管理を調整して、最初の投与を受けた人は、時間通りに2回目の投与を受けます。

これは、インドネシアへのワクチン到着を緩やかにするためです。

「予防接種に対する国民の関心が高い中、私たちはインドネシア全土の予防接種者に、徐々に受け取るワクチンの入手の可能性に応じて、ワクチンメーカーから届くワクチンの予防接種スケジュール(2021年12月まで)

を適切に維持できるように、中央政府が提供するスケジュールの取り決めに細心の注意を払うよう要請します。とナディア博士は説明した。

2021年7月末までの1日あたりの予防接種率は1日あたり平均110万回に達しました。

現在のワクチン到着計画では、8月のワクチン接種率は1日あたり200万回に達する可能性があると推定されています。

保健省は、ジャワ島とバリ島地域の54の地区/都市で予防接種率を高めることを計画しています。

保健省は、地方自治体、インドネシア国軍や地域警察とその他の機関、および民間部門と協力することにより、初回投与のワクチン接種率を70%に引き上げると考えています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

5 thoughts on “地域へ配布のためのワクチン在庫豊富!ワクチンの無駄や不足はありません

  1. デルタ株以前(アルファ株等)の効果が50%程度(チリ・セーシェル例)しか得られないシノバックワクチン
    そのワクチンを70%接種する?
    2回接種したとして
    0,5×0,7=0,35
    飽くまで単純計算ですが、抗体取得者は35%に過ぎません。

    普通に考えれば変異の進んだデルタ株に不活化ワクチンのシノバックは抗体取得50%に遠く及ばないと思います。

    こんな事はインドネシア政府も当然分かっている筈なのに、いつまで政府はこの茶番を続けるのでしょうか?

    1. もうこのような、シノバック を撃ち続けるという事は、最善策を打っていると言うより
      とりあえず、今の範囲で、できる事をやっているだけのようにしか、見えません。

      C国さんとも、購入約束をしてしまっているので、仕方がなく。。。
      という風にしか。見えないです!

      残念ですが…

  2. インドネシアって約束を守る国ですか?
    高速鉄道では日本との約束は簡単に破っています。

    約束を破れない、何かがあるのでは?🤭

    1. このジャカルターバンドゥン高速鉄道については、工事を着工する前に、すでに日本とインドネシアの両国間で、着工の契約があったわけではないらしい。

      でも問題なのは、中国側のプロジェクトチームが日本企業チームが長い間、お金を掛けて調べたさまざまな資料を盗み出して、競争入札で参加した。

      という疑いが出ていることです。さらに、他にも不可解な噂はあります。

  3. 人の命に関わる問題です。
    医師達もシノバックワクチンの接種には疑問を持っています。

    他でもコメントしましたが、シノバックワクチン2回接種した方(1万人程度)の抗体検査をして取得%を調べる。
    それで効果の%が悪ければ即使用は中止すべきです。

    日本でもワクチン接種者が自分に抗体が出来ているか確認したい様で抗体検査キットが良く売れているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。