タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

PT Jak Lingko Indonesia (ジャックリンゴ・インドネシア会社)のムハマド・カムルッディン社長は、ジャカルタの公共交通機関で実施された統合は、物理的だけでなく料金の面でもあると述べました。

統合された料金は、人々がより手頃な価格ですべての交通手段に到達することをより簡単にします。

これらの料金を統合するために、ジャックリンゴ社は、支払い能力、人々の移動性に基づいた支払い意思を考慮して、5つの料金スキームをテストします。

ジャボタベック地域輸送は統合される、これが提案された料金! 列車

実施された調査の結果から、低所得者を含むコミュニティの流動性に基づく平均料金は5,000ルピアです。

現在支払われているのは片道4,300ルピアですが、運賃調整の余地はまだあります。

「この料金統合では、オペレーターの持続可能性を考慮し、すべてのコストと運用をカバーする必要性を満たすために、「距離ベース」が最も理想的であることがわかりました。


そうすれば、長期的には政府は事業者への補助金を減らすことができる」とカムルッディン氏語った。

ジャックリンゴ社はまた、駅とバス停の間のサービス距離の特性に基づいて、都市サービス(MRT、LRT、およびトランスジャカルタ)と市外列車(クレタ・コミュッター)に基づく2つの料金レベルを推奨しています。

この統合料金は、2022年3月に実施され、その中での輸送を開発することを目標としています。

「この距離ベースの料金体系はフェーズ2で確立または実装され、料金準備チームと調整しています」と彼は言いました。


カマルディン氏は、これらの2つのレベルの統合料金には、モード間で転送がある場合の転送リベートも含まれると説明しました。

ジャックリンゴ社は、都市(MRT、LRT、トランスジャカルタ)の最初の0〜2 kmに2,500ルピアの基本料金を提案しています。

「なぜ2kmなのか、移動性と既存のインフラの観点から調査を行ったため、駅と停車地間の平均距離は2 kmです。

これにより、この料金を支払うだけで移動性の低い住民に役立ちます」と彼は言いました。

次に、次の3〜17 kmで、1kmあたり500ルピアが増加して上限の10,000ルピアになります。最大値は、ベンチマークとして使用される人々と都市の支払能力に基づいて決定されます。

都市レベルでモードを切り替えると、次の旅行で、乗客は搭乗料金を再度支払うだけでなく、その後1キロメートルごとに計算されます。

一方、郊外の場合、基本的な運賃間隔は0〜3 kmで、搭乗料金はRp。2,000、次の1 kmあたりRp125、最大Rp10,000です。現在、市外列車(クレタ・コミュッター)の場合、料金の値上げは10kmごとに1,000ルピアで請求されます。

市外列車(クレタ・コミュッター)による都市交通への移行がある場合、合併後の上限は15,000ルピアになります。

一方、統合公共交通機関(IPT)の最大移動時間は、IPTシステムの現在の最長合計移動時間に基づいて180分と提案されています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。