タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

ソーシャルメディアや予防接種をアップロードするためのコメント欄では、多くの人が自分たちの地域にワクチンの在庫がないことについて不満を述べていたため、Covid-19ワクチンの2回目の接種が困難な人もいました。

苦情の1つは、Kompas.comのInstagramアカウント@kompascomへのアップロードでした。 同じ苦情は、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアプラットフォームのさまざまなアップロードでも見られます。

在庫がない!2回目のワクチンを注射できないと、多くの人が不満。これが保健省の応え。 COVID-19 | アストラゼナカ | モデルナ

インドネシアのワクチン在庫の状況はどうですか? 日曜日(2021年8月1日)、インドネシアはCovid-19ワクチンの到着を返しました。

届いたワクチンは「モデルナ ワクチン」で、これは米国政府からCOVAXファシリティを通じて350万回接種されました。

インドネシアと英国の二国間協力の結果である「アストラゼネカ ワクチン」の62万回分が明日月曜日(2021年8月2日)に到着します。

「外務省の記録によると、インドネシアは到着時点で合計178,357,880回のワクチンを接種している。

原材料のワクチンは144,700,280回、完成ワクチンは33,657,600回である」と大臣は述べた。

日曜日(2021年8月1日)の仮想記者会見での外務省レトノ・マルスディ氏。

受け取ったワクチンの接種回数から、Covid-19ワクチンの2回目の接種で在庫が不足している地域がまだたくさんあるのはなぜですか?

保健省:保健省の感染症予防、および管理局長のシティ・ナディア・タルミジは、インドネシアに送られたワクチンのほとんどは原材料の形のワクチンで、まだ処理が必要であると述べました。

したがって、ワクチンになるにはまだいくつかの段階を経る必要があります。

これらの原材料はすべて、ビオファルマ施設で充填および完成させる必要があります。

 「発生する障害のいくつかは、受け取ったワクチンを完成したワクチンに加工し、品質管理をチェックする必要があるのです」と、ナディア氏は日曜日(2021年1月8日)にKompas.comに語った。

この段階は、ワクチンが配布される前に、要件を満たし、適用される基準に準拠する品質を確保する必要があります。

ワクチンへの大量投与のプロセスには長い時間がかかります。 「2〜3週間かかるので、すぐには使えません」とナディア氏。

ナディア氏はワクチンの欠品について説明します。

いくつかの地域のワクチン在庫の欠品は上記の生産工程によるものでした。

ワクチン接種者の年齢層の追加も、ワクチンの配布に影響を与える要因の1つです。

予防接種の初期のように、ワクチンを受けるための基準に制限はありません。

これにより、ワクチンの在庫、特に2回目の接種は、一部の地域ではまだ空になっています。

「昨日のワクチンの不足に関しては、製造のプロセスがわずか300万から500万であるためです。

7月以降、基準の制限なしに、12歳以上の人々にワクチン接種が行われました」とナディアは説明しました。

2回目の投与すべき人たちの予防接種スケジュールが、より遅れていても、進んでいても、ワクチンに対する体の反応は最適ではありません。

ナディア氏によると、臨床試験の結果によると、抗体価が最も高かったのは28日目でした。

その後、7〜10日後に減少します。

「耐性のために、2番目の最大制限日の間隔は、14-28日と制限されますが、この間で早いほど良いです」とナディア氏は言いました。

 2回目の接種を待っている間に病気になった人は、体が回復した後でもワクチンを接種することができます。

「私たちはまた、状態が健康でない人または、新型コロナ以外の病気の人の場合でもは、2回目の予防接種を続けることができます」と彼女は言いました。


ソーシャルメディアや予防接種をアップロードするためのコメント欄では、多くの人が自分たちの地域にワクチンの在庫がないことについて不満を述べていたため、Covid-19ワクチンの2回目の接種が困難な人もいました。

苦情の1つは、Kompas.comのInstagramアカウント@kompascomへのアップロードでした。 同じ苦情は、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアプラットフォームのさまざまなアップロードでも見られます。

在庫がない!2回目のワクチンを注射できないと、多くの人が不満。これが保健省の応え。 COVID-19 | アストラゼナカ | モデルナ

インドネシアのワクチン在庫の状況はどうですか? 日曜日(2021年8月1日)、インドネシアはCovid-19ワクチンの到着を返しました。

届いたワクチンは「モデルナ ワクチン」で、これは米国政府からCOVAXファシリティを通じて350万回接種されました。

インドネシアと英国の二国間協力の結果である「アストラゼネカ ワクチン」の62万回分が明日月曜日(2021年8月2日)に到着します。

「外務省の記録によると、インドネシアは到着時点で合計178,357,880回のワクチンを接種している。

原材料のワクチンは144,700,280回、完成ワクチンは33,657,600回である」と大臣は述べた。

日曜日(2021年8月1日)の仮想記者会見での外務省レトノ・マルスディ氏。

受け取ったワクチンの接種回数から、Covid-19ワクチンの2回目の接種で在庫が不足している地域がまだたくさんあるのはなぜですか?

保健省:保健省の感染症予防、および管理局長のシティ・ナディア・タルミジは、インドネシアに送られたワクチンのほとんどは原材料の形のワクチンで、まだ処理が必要であると述べました。

したがって、ワクチンになるにはまだいくつかの段階を経る必要があります。

これらの原材料はすべて、ビオファルマ施設で充填および完成させる必要があります。

 「発生する障害のいくつかは、受け取ったワクチンを完成したワクチンに加工し、品質管理をチェックする必要があるのです」と、ナディア氏は日曜日(2021年1月8日)にKompas.comに語った。

この段階は、ワクチンが配布される前に、要件を満たし、適用される基準に準拠する品質を確保する必要があります。

ワクチンへの大量投与のプロセスには長い時間がかかります。 「2〜3週間かかるので、すぐには使えません」とナディア氏。

ナディア氏はワクチンの欠品について説明します。

いくつかの地域のワクチン在庫の欠品は、上記の生産工程によるものでした。

ワクチン接種者の年齢層の追加も、ワクチンの配布に影響を与える要因の1つです。

予防接種の初期のように、ワクチンを受けるための基準に制限はありません。

これにより、ワクチンの在庫、特に2回目の接種は、一部の地域ではまだ空になっています。

「昨日のワクチンの不足に関しては、製造のプロセスがわずか300万から500万であったためです。

7月以降、基準の制限なしに、12歳以上の人々にワクチン接種が行われました」とナディアは説明しました。

2回目の投与すべき人たちの予防接種スケジュールが、より遅れていても、早くても、ワクチンに対する体の反応は最適ではありません。

ナディア氏によると、臨床試験の結果によると、抗体価が最も高かったのは28日目でした。

その後、7〜10日後に減少します。

「耐性のために、2番目の許容範囲では、14-28日と制限されますが、この間で早いほど良いです」とナディア氏は言いました。

 2回目の接種を待っている間に病気になった人は、体が回復した後でもワクチンを接種することができます。

「私たちはまた、状態が健康でない人または、新型コロナ以外の病気の人でも、2回目の予防接種を続けることができます」と彼女は言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。