タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Tidak Perlu ke Stadion, Distribusi Sembako dan
Obat Pasien Isoman di Bekasi Melalui RW

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Senin, 2 Agustus 2021 | 13:09 WIB


ベカシ市政府は、自宅で自己隔離している住民が基本的な必需品や薬を簡単に手に入れることを可能にします。

 居住者は、自己隔離患者の基本的な必需品や薬を登録して服用するために、必要な書類を南ブカシのパトリオット・カンドラバガ・スタジアムに持参する必要がなくなりました。地元のRWモニタリング係に連絡するだけです。

〜 心温まる支援が素晴らしい!〜スタジアムに行く必要ない、ブカシのRWから自己隔離患者のための基本的な食品と薬の配布 COVID-19 | PCR | PPKM

「ブカシ市政府は、自己隔離しているが、パトリオット・カンドラバガ・スタジアム(ゲート21)に提出し、ブカシ市地方防災局と居住地保健センターにコピーするための提出要件を準備する必要がない住民へ、基本的な食糧援助と薬を提供します」と

月曜日(2021年8月2日)、ブカシ市の広報部長、サジェクティ・ルビヤ氏は述べた。

以前、ブカシ市政府が、パトリオット・カンドラバガ・スタジアム(ゲート21)に家族カード、IDカード、PCR結果または抗原検査のコピーなどの必要な書類を持参することにより、自己隔離である住民のための基本的な食糧および医薬品支援を準備しているという情報が広まりました。

申請者はまた、これらのファイルをコピーとしてブカシ市地方防災局および居住地保健センターに提出する必要がありました。

ブカシ市政府は、RWレベルの緊急活動制限(PPKM)の責任者、つまり各RWのCovid-19タスクフォースの地域監視責任者を通じて、自己隔離・居住者向けの基本的な食糧援助と無料の医薬品の配布を促進しています。


RW:町内会


「名誉ある各RWは、個人データと住所を記載して、報告して、自己隔離中に医療支援と基本的な必需品を受け取ることができるようにしてください。後に、援助はファイルを提出する必要なしにRWの名誉ある係員によって提供されるでしょう」と彼は言いました。

医療支援は、保健所を通じてブカシ市政府によって提供され、無料で配布されます。

また、ブカシ市地方防災局を通じて配布されるブカシ市の複数の企業からCSR支援のおかげで、基本的な食糧支援も実行できます。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。