タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Awas, Orang yang Sudah Vaksin Covid-19
Masih Bisa Tularkan Varian Delta

オンラインメディア「Suara.com」が伝えています!
Selasa, 03 Agustus 2021 | 16:35 WIB


Covid-19ワクチンは、入院のリスクと感染の重症度を実際に軽減しました。

しかし、さまざまな亜種が、ワクチン接種を受けた人々を含め、新たな脅威になっています。

なぜなら、このワクチンを注射した人は、まだCovid-19コロナウイルスから完全に防御されているわけではないからです。 彼らはまた、Covid-19コロナウイルスを他の人々に広めるリスクもあります。

(要考察)Covid-19ワクチン接種者はまだデルタ変異体に感染の可能性! COVID-19 | デルタ変異体 | ワクチン

このワクチンは、2回目の注射後の人々に約95%の防御を提供します。 データはまた、Covid-19ワクチンがウイルスの感染を80%以上減らすことができる場合があることを示しています。

したがって、「Express」によって報告されているように、Covid-19のワクチン接種を受けた人は、くしゃみや咳をしたときに、ウイルスに感染したり、他の人に感染させたりする可能性があります。

さらに、デルタ変異体は、Covid-19コロナウイルスのパンデミックの危険性も高めています。 米国疾病対策センターは、画期的な感染のデータでマスクを着用することに関する新しいアドバイスを提供しています。

この場合、Covid-19コロナウイルスは、ワクチン接種後に形成された体に侵入する可能性があります。 最近の米国疾病対策センターの研究では、Covid-19ワクチンを注射した人の鼻と喉にかなりの濃度のCovid-19が検出されています。

当局はまだ調査結果を公表していませんが、ワクチン接種を受け、コロナウイルスに感染した人々は、免疫が発達していないかのように、他の人に病気を感染させるリスクがあると彼らは言います。

したがって、米国疾病対策センターは、Covid-19のワクチン接種を受けた人々に、マスクを着用し続け、社会的距離を維持するようにアドバイスしています。 ただし、この発見は、Covid-19ワクチン(どのワクチン?)が使用に適していないことを意味するものではありません。

米国のバーミンガムにあるアラバマ大学に本拠を置くウイルス免疫学者のフランシス・ルンドは、Covid-19ワクチンの接種がまだ必要であると述べた。 Covid-19ワクチンは依然として私たちを保護するために機能しますが、人々をCovid-19コロナウイルスから完全に防御してくれるわけではありません。

Covid-19ワクチンは、筋肉組織から血流に入り、感染の可能性があるのを待つことによって作用します。 一方、コロナウイルスは鼻と喉に住むことで体に感染します。

コロナウイルスが肺に感染しようとすると、Covid-19ワクチンの後に形成された抗体が作動します。 そこにCovid-19ワクチンの最も有益な側面があります。

それは、免疫が完成された体にはしませんが、重度の感染と死のリスクを減らすことができます。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

4 thoughts on “(要考察)Covid-19ワクチン接種者はまだデルタ変異体に感染の可能性!

  1. >このワクチンは、2回目の注射後の人々に約95%の防御を提供します。

    上記はメッセンジャーRNAファイザーとモデルナワクチンに限定された内容です。
    アストラゼネカは80%台ですし、不活化ワクチン(シノバック等)はチリやセーシェルの例を見れば50%程度です。
    この50%も従来型やアルファ株での%です。
    デルタ株ではもっと低い数字に成ると思います。

    又、ファイザーやモデルナもデルタ株には89%という報告もありますし、時間経過と共に有効率は下がります。
    しかし感染したとしても無症状が大多数で重症化にほぼしません。
    この感染者はCT値の高い(ウィルス量が少ない)部類で人に感染させる力は非常に弱いタイプに成ります。

    インドネシア政府もcovit – 19ワクチンを種類別に論じないと海外から見ると無能にしか映りません。
    メッセンジャーRNA、ベクター、不活化ワクチンでは性能が全く違います。

    隣のシンガポールでさえシノバックワクチンはcovit – 19用ワクチンとは認めて居ません。
    インドネシア政府そろそろ考え直す時期だと思います。

    1. コメントありがとうとうございます。
      おっしゃるように、今になったら、インドネシアでは、ワクチンを選んだり、撃ち方まで
      活発に議論できるようになる事を祈ります。

      でもこれが、活発になってくると、現政権が危なくなる可能性も出てきますが。
      国民を第一に考えるなら。

  2. 効果の高いワクチンを迅速に入手して、静かに切り替えて行けば良いと思います。
    アストラゼネカはだぶつき気味だという情報もあります。
    仕入れても使ってない国もある様です。
    日本も最近まで使用していませんでした。
    購入しなくても外交で入手する方法もあります。

    血栓等の噂がありますが、何十万人に数人というレベルです。
    日本も40歳以上に使用する事が決まりました。

    1. コメントありがとうございます。
      なるほど。確かに、アストラゼネカは、最近人気が落ち気味ですね。

      血栓ができるという話は、インドネシアでもネット上で、一部オンラインニュースが
      伝えていましたが、試して見る手はありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。