タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Pengusaha Hotel soal Perpanjangan PPKM:
Diskriminatif

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 04/08/2021 06:22 WIB


インドネシアホテルレストラン協会のマウラナ・ユスラン事務局長は、8月9日までの活動制限(PPKM)の延長は、中高年の起業家や正式なビジネス関係者に対して差別的であると述べた。

これは、ワルテグ(個人経営の大衆食堂)の所有者や露天商は営業できるからです。 この両者は、実際に食品を販売しているレストランなどのセクターとは、異なる扱いを受けます。

活動制限(PPKM)延長に関するホテル起業家:差別的だ! COVID-19 | PPKM

たとえば、ワルテグは、20分に制限されている場合でも、その場で食事を提供することが許可されています。

 一方、モール内の食品販売業者は、テイクアウトまたはテイクアウトのためだけで許可されています。

また彼によれば、アッパーミドルまたはフォーマルな事業者は、インフォーマルな事業者よりもはるかに厳格に健康プロトコルを管理しています。

彼は、この「えこひいきな」規則の有効性を心配し、疑う事を認めました。

「実際懸念があり、1つは禁止、1つはと禁止されないものであるという事です。これは私たちにとって少し差別的なことだ」と彼は火曜日(3/8)にCNNIndonesia.comに説明した。

マウラナ氏は、ホテルやレストランの大部分がCHSE(清潔、健康、安全、環境)証明書を持っていて、安全に運営できると考えているので、政府の方針を残念に思いました。

彼は、中堅および上級企業が行う健康プロトコルは、非公式企業よりも管理されていると評価しました。

それから彼は政府に効果の低い政策のドミノ効果を思い出させた。

白旗を掲げたり、大統領に公開書簡を書いたり、石を沸騰させたりすることで、さまざまなビジネス界が困難を表現していますが、これを恥ずかしくないと、マウラナ氏は述べた。

ドミノ効果とは、1つの行動を変えたことで、連鎖反応が起こり、ほかの行動も変わることを言います

これらの様々な表現は、今年から始まっています。

マウラナ氏によると、これは起業家が生き残るための「手持ち現金」を、もはや持っていないという事を表現している、という意味で重要である事を示しています。

このままに放っておくと、食べ物を見つけるのが難しいのは起業家だけでなく、何百万人もの労働者も生計を立てることが難しいと感じるでしょう。

彼は、起業家が生き残れるように、政府は効果的に解決策になる政策を立てるべきだと述べた。

「この政策は、事業者が生き残れるように効果的な政策が付随している必要があります。

このままだと、事業者は困難になるだろう。すべての負担は彼ら自身が負担するから」と彼は結論付けた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

[catlist id=29 numberposts=10
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。