タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

WHO Serukan Moratorium Suntikan
Ketiga Vaksin Corona

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Rabu, 04 Agu 2021 21:54 WIB


世界保健機関は、少なくとも9月末まで、コロナワクチンの3回目の注射(ブースター)の接種をしばらく中止するよう要求しています。これは、豊かな国と貧しい国の間の配布分配における異常な不平等に対処するためです。

WHOのチーフ、テドロス・アダノム・ゲブレイエス氏は、投与量の供給を管理している国や企業に、やり方を変更し、裕福でない国へのワクチンを増やすよう呼びかけました。

WHOがしばらく中止を要求!コロナワクチン3回目の注射 COVID-19 | ワクチン

テドロス氏は、記者会見で「すべての政府がデルタの亜種から国民を保護することへの懸念を理解している。しかし、世界で最も脆弱な人々が保護されないまま、世界のワクチン供給の大部分を使い果たした国が、それ以上使用することを受け入れることはできない。」と述べた。 

ほとんどのワクチンが高所得国に行き、ほとんどのワクチンが低所得国に行くまで、緊急の逆転が必要だ」と述べた。

AFPによると、COVID-19ワクチンの42.5億回以上の投与量が現在世界中で投与されています。世界銀行によって高所得に分類された国では、100人あたり101回の注射が行われ、今週は100回を超えています。

その数字は、29の最低所得国で100人あたり1.7回に減少しました。

「したがって、WHOは、各国の人口の少なくとも10%がワクチン接種を受けることを可能にするために、少なくとも9月末までブースターをしばらく中止するようしてください」とテドロス氏は述べた。

「これを実現するには、すべての人、特にワクチンの世界的な供給を管理している少数の国や企業の協力が必要です」と彼は言いました。

テドロス氏は、G20グループ諸国は、生産者であり、消費者であり、最大の予防接種提供者であるため、重要なリーダーシップの役割を果たしていると述べました。

「COVID-19パンデミックの経過はG20のリーダーシップに依存していると言っても過言ではありません」と彼は言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

2 thoughts on “WHOがしばらく中止を要求!コロナワクチン3回目の注射

  1. この方の頭の構造が見てみたいですね🤭
    序でに心臓も(毛が生えてる?)

    治験を公表していない不活化ワクチンは承認するわ?
    不活化ワクチンが変異に効果が無く成ることも感染症に携わる方なら周知、
    申請した時点で疑問も持たない不思議?

    シンガポールではシノバック製ワクチンはワクチンとして認めていません。
    17万人の方がシノバックを接種した様ですが、covit – 19ワクチンとしてカウントされていません。
    その後、ファイザーやモデルナを接種すれば、そのワクチン接種が1回目と成ります。

    インドネシアではシノバック製ワクチンを2回接種した医療従事者の中で600名以上が感染しています。
    3回目に効果の高いモデルナを接種しますが必然的なことだと思います。

    このWHOトップの話しを聞いていたら感染拡大するだけです。
    即刻辞任して貰いたい方です。

    1. コメントいつもありがとうございます。
      なんかどこかから、雇われたサラリーマンのように、見えてしまいますね。

      これは言ってはいけないが、他の事で、博愛主義的な事を言う。
      先進国は、彼の正体は知っているでしょうが、その他の国の政治家は
      普通に信じているのではないでしょうか?

      辞任して欲しいのは同意ですね !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。