タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

NIK Warga Bekasi Dipakai WNA Bernama
Lee In Wong untuk Vaksin

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 05/08/2021 09:49 WIB


警察は、住民登録番号の使用の背後に犯罪要素がなかったが、ブカシの住民はコロナウイルスワクチン(Covid-19)を注射できなかったと述べました。

タンジュンプリオク港警察署長プトゥコリス氏は、イ・インウォンという外国人が予防接種登録中にタイプミスをしたと説明した。

その結果、ワシット・リドワン氏という名前のブカシ居住者に属する住民登録番号が使用されました。

「タンジュンプリオクの海事水産省にワクチン接種を登録する際に、関係者が住民登録番号データを誤って入力したと述べている」と、木曜日(5/8)に確認されたプトゥ氏は述べた。

入力エラーは住民登録番号の最後の桁にあります。その結果、リ氏がタンジュンプリオク・クラス1ポートヘルスオフィスでの予防接種登録時に入力した住民登録番号がワシット氏に属することが判明した。

プトゥ氏は、犯罪要素は見つからなかったと強調した。 Putuは、このイベントを純粋にデータ入力プロセスのエラーと呼びました。

「(犯罪的要素)がないので、最初からこれが犯罪になるとは言いませんでした。毎日の予防接種パターンを見ると、タイプミスや間違ったデータ入力があるからです」と彼は言いました。

プトゥ氏は、タンジュンプリオク海事水産省と調整し、保健省情報データセンターへのデータ入力を修正するプロセスを支援することを認めました。その後、ワクチン接種ができなかったワシット・リドワンは、Covid-19ワクチンの注射を受けることが許可されます。

その後、プトゥ氏は、同様の事件が二度と起こらないように、データの入力にもっと注意するよう住民に訴えました。

「このデータは全国的に要約されるため、1つの数字または1つの文字にタイプミスがあると、証明書と次の予防接種の円滑さに影響します」とプトゥ氏は述べています。

「したがって、すべての人に注意を払う必要があります。エラーが発生した場合でも、アプリケーションを使用して保護することで修正できます。処理する苦情サービスがあるホットラインがあります」と彼は付け加えました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。