タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Anies Teken Aturan Baru,
Pengunjung Mal DKI Wajib Divaksin!

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!
05 August 2021 18:36


ジャカルタ知事のアニスバスウェダン氏は、PPKMレベル4を2021年8月9日まで延長。

そのうちの1つは、モールを訪れる、すべての従業員と訪問者にCovid-19のワクチン接種を義務付けるアニスからの規定に関するものです。

ジャカルタのモール訪問者は予防接種を受ける必要あり(DKI州知事は新しい規則に署名!) PPKM | ワクチン

PPKMレベル4Covid-19に関する2021年の知事令番号966は、上記を規制しています。 知事令は2021年8月3日にアニス氏によって署名されました。

「労働者と訪問者はワクチン接種を受ける」と木曜日(5/8)に知事は言った。

アニス氏は、現在のショッピングセンターまたはモールはPPKMレベル4の間はまだ閉鎖されていると説明しました。 ただし、オンライン販売を行う店舗従業員のアクセスは、ショップ、レストラン、スーパーマーケット、スーパーマーケットあたり最大3人です。

「それは活動の規定を考慮に入れることによって許されることができる」と彼は説明した。

アニス氏はまた、少なくとも最初の投与で、すべてのセクターで活動したい居住者のために必須のCovid-19ワクチン接種を要求します。

モールは準備ができています

ジャカルタのいくつかのモールは、訪問者と労働者にワクチンカードを提示するために必要な規制の実施を開始しました。このルールは、ショッピングセンターの公式ソーシャルメディアアカウントへの投稿にてわかるように、モールの到着ゲートに表示されるようになりました。

ジャカルタのモールが全開できるということですか?

ジャカルタエリアは、少なくとも2021年8月9日まで、PPKMレベル4カテゴリに含まれています。ショッピングセンターの運営活動は依然として制限されているため、スーパーマーケットと重要な小売業者のみが運営を許可されています。

以前は、ポンドクインダー・モールと同様に、ワクチンカードを表示する必要のあるいくつかのモールからの「拡散されたアナウンス」にもありましたが、最終的に改訂されました。

プラザインドネシアなどのモールも同じことを適用します。

彼らの公式Instagram投稿では8月16日から、ワクチン接種が必要な規制を実施する予定です。

プラザインドネシアのマーケティングコミュニケーション&広報マネージャーであるトミー・ウトモ氏は、このワクチン規則の実施は、モールがその日に通常の営業を再開できることを、楽観視していることを意味しないと説明しました。

むしろ、それは予防接種プログラムを加速するという観点からショッピングセンターによってなされたコミットメントです。

「モールは引き続き政府の決定に従いますが、開業するかどうかにかかわらず、この義務的なワクチン規則は8月16日に引き続き発効します」と彼は木曜日(8月5日)にCNBCインドネシアに説明しました。

ジャカルタインドネシアショッピングセンター管理協会の会長であるエレンヒダヤット氏は、モールの訪問者と従業員は州政府の規制に従って予防接種を受けたに違いないと述べました。

「訪問者とモールの従業員の問題は、市場、オフィス、すべてのホテルが同じことをしなければならないと言われている、PPKMに関する州政府の法令に従って予防接種を受けたに違いない」と彼はCNBCインドネシアに語った。

「これは確かにルールであり、社会化されるように、目標はコミュニティ集団免疫を迅速に形成することです」と彼は付け加えました。

一方、ジャカルタインドネシアショッピングセンター管理協会のゼネラルチェアであるアルフォンズス・ウィジャジャ氏は、ジャカルタのいくつかのショッピングセンターが、従業員またはモールの訪問者に必須のワクチンを実施するための主導権を握っていると述べました。

つづきは原文をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。