タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Waspada! Satgas IDI Ingatkan
COVID-19 Merayap ke Pedesaan

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Jumat, 06 Agu 2021 06:53 WIB


インドネシア医師会COVID-19タスクフォースの代表であるズバイリ・ジョエルバン教授は、COVID-19の感染が遠隔地に広がり始めることを思い出させた。

彼によると、COVID-19入院症例の急増を予測するために、地域の医療施設は可能な限り準備されなければなりません。

警告! インドネシア医師会タスクフォースはCOVID-19が農村地域に忍び込む COVID-19 | パンデミック

「パンデミックは新たな課題を生み出しました。遠隔地に適切な医療施設を迅速に設置することです」とズバイリ氏は木曜日(2021年5月8日)の個人ツイッターアカウントで述べた。

医療施設の事だけでなく、ズバイリ氏は一部の地域でCOVID-19ワクチン接種率が低いことも強調しました。 これは、COVID-19患者が劇的に増加したジャワ島で以前に起こったことのような、より悪い状況を引き起こすことが恐れられています。

「これは、COVID-19が地方や遠隔地に忍び寄り始めたためであり、ワクチン接種の記録はまだ非常に少ない。次の悪夢を起こさせないでください」と彼は続けた。

インドネシアのコロナ症例は依然として多く、木曜日(2021年5月8日)の時点でCOVID-19の活動中の症例は518,310件あります。

調べた248,556検体のうち、COVID-19の1日陽性は35,000症例を超えました。

その間、COVID-19の死者数は1000人を超えました。

インドネシアは、世界で最も高いCOVID-19で死亡した人は1,747人で、ブラジルが1,118人で続いています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

2 thoughts on “警告! インドネシア医師会タスクフォースはCOVID-19が農村地域に忍び込む

  1. 感染症の対策
    1、人との接種を無くす
    2、有効なワクチンを接種する
    感染症対策は上記2点です。
    人力に感染症を撲滅させる力はありません。
    covit – 19は既に世界の隅々まで浸透していると考えて対策する。
    有効なワクチン接種をしない限りウィルスが自然消滅しないと人との接種で感染は終わりません。
    ロックダウンすれば感染者は減りますが、減ったと言って緩めれば感染は何回でも拡大します。

    この感染症には世界全体で対処すべき内容です。
    1国の私利私欲で有効力の無いワクチンを世界に広めるのは大罪だと思います。
    WHOはデルタ株が主流に成った今、承認したワクチンの有効性を再度検証して有効なワクチンだけを新たに承認すべきです。

    1. コメントありがとうございます。

      自分にも疑問があり、
      どのような変異種であっても、ワクチンメーカーは、問題になりそうな、それぞれの変異株の有効性を
      詳しい論文的な形で、どうして発表しないのでしょうか?

      もちろん、想像ですが、
      はっきりした数字を出すと、社内的にも、社外的にも、あとあと責任問題になるので、
      周りを見回して、自分たちの都合のいい情報しか出していないように、思えてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。