タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Setelah Dosis Kedua,
Efektivitas Vaksin Covid Moderna Mencapai 93%
dalam 4-6 Bulan

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Jumat, 6 Agustus 2021 | 11:35 WIB


モデルナは木曜日(2021年8月5日)に、Covid-19ワクチンの有効性が2回目の投与後4〜6か月で約93%に達したと述べました。<ワシントン>

ロイターが報告しているように、モデルナの報告は、元の臨床試験で報告された94%の有効性からほとんど変化がないことを示しました。

2回目の接種後、モデルナワクチンの有効性は4〜6か月で93%に達する! COVID-19 | デルタ変異体 | ファイザー

モデルナの有効性は、競合他社のファイザーとバイオエヌテックが先週発表したデータよりもはるかに優れています。 ファイザーとバイオエヌテックは、ワクチンの有効性が2か月ごとに約6%低下する、さらに2回目の投与後6か月で約84%に低下することを示唆しています。

モデルナとバイオエヌテックのワクチン製造は、どちらもメッセンジャーRNA(mRNA)テクノロジーに基づいています。

「Covid-19ワクチンの有効性が4か月から6か月で93%に安定したことを非常に嬉しく思います。

この強力な期間は、これまでにモデルナワクチンを投与された何億人もの人々に利益をもたらします」とモデルナの最高経営責任者であるステップハネ・バンセル氏は述べています。

<中略>

ワクチンが長持ちするということは、最終的に追加免疫ワクチンが必要になった場合、

あるいは、Covid-19を予防するために追加の接種が必要ない場合でも、接種を受けた人が注射の間隔を長くできる可能性があることを意味します。

伝染性の高いデルタ変異体に取り組んでいる世界中の公衆衛生当局は、Covid-19ワクチンの追加投与が安全で効果的かつ必要であるかどうかを議論しています。

ファイザーは今月後半にワクチンの3回目の接種の承認を求める予定であり、イスラエルなどの一部の国では、高齢者や感受性の高い人々への接種をすでに開始しているか、開始する予定です。

モデルナ社は、3つの異なる追加用、免疫ワクチン候補の研究が、懸念される重要な変異株に対する強力な抗体反応の問題を引き起こすと述べています。

これらには、ブラジル、南アフリカ、インドで最初に特定されたガンマ、ベータ、デルタの亜種が含まれます


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。