タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Sudah Vaksin atau Belum,
Turis Asing Masuk Jepang Wajib Karantina 14 Hari

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Minggu, 08 Agu 2021 07:15 WIB


日本は、Covid-19のワクチン接種を受けた外国人観光客にも、現在も検疫を継続し続けています。 彼らはワクチン接種の世界的な傾向に逆らっています。

ワクチン接種の有無にかかわらず、日本に入る外国人観光客は14日間の検疫が必要! COVID-19 | ワクチン

日経アジアの報道によると、日曜日(2021年8月8日)日本は外国人観光客に到着から14日間の検疫を義務付けています。 検疫はホテルまたは自宅で行うことができます。


原文:日経アジア

https://asia.nikkei.com/Spotlight/Coronavirus/Japan-balks-at-waiving-quarantine-for-vaccinated-travelers


日本への外国人の到着の制限は、多くの省庁によって規制されています。

保健省は観光客の検疫を担当し、次に外務省がビザの発行者として、入国管理局が出入国を監視しています。

14日間の検疫は、コロナウイルスに感染した中国と韓国からの旅行者を対象に2020年3月に導入され、その後、入国するすべての人に拡大されました。

現在、COVID-19の感染を抑制することが知られているワクチンを使用しても、同省はこの要件を緩和するための条件をまだ検討していません。

現在、世界の市民の一部は、すでにCovid-19の予防接種を受けており、この政策は実際には世界のすべての国からのすべての外国人観光客に適用されるでしょう。

同省の検疫所管理局は、「予防接種の状況に基づいて検疫期間を短縮する前例はない」と述べた。

しかし、それは日本がこの政策について議論していないという意味ではありません。

日本の当局者は、この方針を引き続き監視し、検討します。

さらに、日本はワクチンパスポートの適用について他の国々にアプローチしています。

外務省報道官の吉田氏は、7月26日に「海外旅行を希望する人のためにワクチン接種パスポートの申請を開始することは、海外旅行の再開につながる重要な一歩となる可能性がある」と述べた。

「政府は国内外の議論を監督しながらこの問題を検討すべきだ」と吉田氏は語った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。