タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Masih Ada Masyarakat yang Tak Mau Dilacak,
Kemkes Gencar Lakukan Edukasi

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Sabtu, 7 Agustus 2021 | 19:16 WIB


Covid-19ワクチン接種保健省のスポークスパーソンであるシティ・ナディア・タルミジ氏は、これまでCovid-19の症例を管理する上で追跡されたくない人々がまだいると述べました。

追跡されたくない人はまだいますが、保健省は集中的に教育を行っています! COVID-19

保健省は3Tの取り組み(検査、追跡、治療)を改善し続けていると言われています。 したがって、まだ追跡を望まない、または追跡を拒否する人々など、現場の障害を克服するために、保健省は集中的に教育を実施するとナディア氏は述べた。      

「継続教育と村または都市の村のタスクフォースによる支援」と、土曜日(2021年7月8日)にBeritasatu.comから連絡を受けたとき、ナディアは言いました。

同氏は、この教育を実施するにあたり、政府と地域社会の両方から支援するために、すべての当事者と協力する必要があると述べた。 これは、1つのセクターだけでは問題を解決できないためです。

さらに、ナディア氏はまた、内務省(Kemdagri)を通じて地方自治体(Pemda)に、Puskesmas(政府が義務付けた地域医療クリニック)によって実行された、優れた慣行を再現するために、幹部を含むBhabinkamtibmas(コミュニティ巡回警察官)とBabinsa(村落指導下士官)を関与させることを奨励すると述べた。

ナディア氏によると、シラカック・アプリケーションの存在に関連しているが、アプリケーションは情報システムであり、もちろんデータを入力する人に依存している。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。