タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Berakhir Hari Ini, Akankah PPKM
Kembali Diperpanjang?

オンラインメデイア「Kompas」が伝えています!
09/08/2021, 06:27 WIB


今日の月曜日(2021年9月8日)は、レベル4コミュニティ活動制限(PPKM)が実装される最後の日です。

現在の方針は、2021年8月3日から発効する3回目の延長です。

PPKMの最初の拡張は2021年7月21日から25日に実行されます。

その後、2021年7月26日から2日まで継続されました。この3回の延長は、2021年7月3日から20日に政府によって実施された緊急PPKMの実施の継続です。

本日終了の「PPKM」は再び延長されますか? COVID-19 | PPKM | ワクチン

この一連のコミュニティ活動制限 政策は、当時急増していたCovid-19の感染を抑制するための取り組みとして政府によって選択されました。

 日曜日(2021年8月8日)、このトピックがサイバースペースで広く議論されました。

ネット市民は、PPKMが再び拡張されるかどうかを推測しています。

他の一部のネチズンも、延長された場合、7日間または14日間開催されるかどうかを尋ねました。

政府は決定していません

一方、日曜日(2021年8月8日)まで、政府は、さらなるPPKMレベル4の延長を決定していません。

海事調整大臣のスポークスパーソンで投資家ジョディマハルディはこれを伝えました。

彼によると、ジャワとバリでPPKMを評価するための調整会議が開催される予定です。

「はい、Java-Bali PPKM(ジャワーバリコミュニティ活動制限)の評価のための調整会議があります」と、日曜日にKompas.comから連絡を受けたとき、ジョディ氏は言いました。

彼はまた、PPKMの実施に関する最終決定は、ジョコ・ウィドド大統領に委ねられていると述べた。


ジョディ氏は、ジャワとバリでのCovid-19症例数の傾向が引き続き減少していることを明らかにしました。

 「検査の数が増加し、陽性率が低下したことは、検査と追跡の増加が起こったことを示している」と彼は述べた。

彼は、この良い勢いが維持され、来週はトレース比が1:8または1:10になることを望んでいます。

「すべての関係者が、Covid-19の感染を防ぐために、マスクを適切かつ一貫して使用するためのキャンペーンを継続することを望んでいます」とジョディ氏は述べています。


彼はまた、ジャワ-バリのCovid-19状態は制御されていたが、ジャワ-バリ以外の地域ではまだ増加していることを思い出させた。

したがって、政府は施設を急いで開くことなく注意を払うでしょう。

ジョコウィ大統領の評価では、土曜日(2021年8月7日)のPPKMレベル4の進捗状況とフォローアップを評価するための限定会議の議長を務めました。

評価結果から、ジャワバリ以外のCovid-19症例の急増に変化があったと彼は述べた。

ジョコウィ大統領は、大統領事務局のYouTubeでの放送を通じて、「過去2週間、ジャワバリ以外の州で新たな事件が増え続けているのを見てきました」と述べた。

保健省の記録によると、症例数がかなり多い5つの州、すなわち東カリマンタン、北スマトラ、パプア、西スマトラ、リアウがあります。

彼は、2021年7月25日の時点で、ジャワバリ以外の地域が全国で13,200件、つまり新規症例の34パーセントを占めていることを伝えました。

この数字は、2021年8月1日の時点で、13,589に増加しました。これは、新規症例全体の約44パーセントに相当します。

一方、2021年8月6日の時点で、ジャワバリ以外の症例数は10%増加し、21,374症例であり、全国の新規症例全体の約54%に相当します。

ジョコウィ氏はまた、地方自治体や関連機関に、この事件の急増に注意するよう警告した。

 「この2週間の増加に注意してください」と大統領は言いました。

ジョコウィは、Covid-19感染の数が多いことを見て、地方自治体や関連機関がパンデミックへの対処を強化することを提案しました。


ジョコウィ氏は特に政府に人々の移動を制限するよう要請した。

ジョコウィ氏によれば、跳ねるように発生率が高い地域での移動の制限は、最低2週間実施されます。

「これは、人間の流動性にブレーキをかけていることを意味します。少なくとも2週間」とジョコウィは言いました。

ジョコウィ氏は、人の流動性を制限することに加えて、インドネシアはテストと追跡の能力を高める必要があると考えています。


誰かがCovid-19に陽性であることが確認された場合は、すぐに彼らの密接に接触したケースを追跡する必要があります。

すぐに、陽性の症例を持っていた人々が誰であるかがわかり、迅速に対応できます。」

これはスピードに関係しているので、そうでなければポジティブな人はいたる所に行き、いたる所に広がります。今すぐ見つけてください!」と彼は言った。


ジョコウィ氏はまた、州政府と地方政府に、人々のために中央集権的な隔離場所を提供するよう要請しました。

 「これは、それぞれの都市で中央集権的な隔離を準備する知事、摂政、市長の仕事です」と彼は言いました。

自己隔離中の患者さんへの対応については、遠隔医療や電話による健康相談が受けられます。

「インドネシア医師会を巻き込んでください。これは、患者の治療に特に当てはまります」とジョコウィ氏は述べています。


ワクチンの配布に関して、ジョコウィ氏は、州および地方自治体に人々が直ちに予防接種をするように依頼しました。

予防接種の障害の1つは、地域にワクチンの在庫がないことです。

したがって、ワクチンの投与可能な場合は、人々に直接注射することができます。

「ワクチンはあります。知事にワクチンを接種させないでください。

摂政/市長がワクチンを接種させてください。

ワクチンを1日や2日停止させないでください。

人々への直接注射(流通を止めないおいう意味)

終了したら、すぐにもう一度センターに求めてください。

ワクチンの在庫が長く放置されないように」と述べた。


 ポジティブケースは増え続けている、インドネシアでのCovid-19パンデミックはさらに悪化しています。

これは、コロナウイルスの感染による多数の新規症例と死亡率から見ることができます。政府のデータに基づくと、日曜日の12.00 WIBで、過去24時間に26,415件のCovid-19の新規症例がありました。

したがって、2020年3月の時点で、Covid-19の症例数は3,666,031人になります。

この情報は、Covid-19処理タスクフォースによって伝えられました。データは、covid19.go.idページを介して一般の人もアクセスできます。

同じデータは、48,508人の回復した患者の追加を示しています。したがって、これまでの回復された症例の数は3,084,702人です。

しかし、同じ時期にさらに1,498人の患者が亡くなりました。

これにより、Covid-19による死亡者の総数は107,096人に達しました。

その後、インドネシアでは現在474,233件の陽性者Covid-19症例があります。

陽性者は、病院または自己隔離で治療を受けている陽性のCovid-19患者の数です。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。