タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kemenkes Buka Suara soal Suntikan
Vaksin Kosong di Pluit

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 10/08/2021 03:45 WIB


保健省のCovid-19ワクチン接種のスポークスパーソンシティ・ナディア・タルミジ氏iは、金曜日(8月6日)、北ジャカルタのプルイットで空の注射器を使用した疑いのあるCovid-19ワクチン接種について述べた。

ワクチン接種者の怠慢が原因で発生しました。

「これが、ワクチンを接種する時に起こる誤りです。

プルイットでの「空ワクチン注射」ついて(保健省) COVID-19 | ワクチン

アンタラ火曜日(8月10日)から引用されたように、彼女のニックネームであるナディアは言いました。

ナディアは、ワクチン接種者が北ジャカルタのグラハケドヤ病院で看護師として働いていることが知られていることを明らかにした。

現在継続しており、地元警察は、多くの関係者から情報を入手するための調査を行っています。

「それは現在警察によって調査されている」と彼女は言った。

この事件について、保健省はジャカルタ保健サービスとともにワクチン接種者との協力を断ち切ったとナディア氏は述べた。

「現時点では、当事者がワクチン接種者になることを許可されていません。また、担当者にもこれをさらに監視するようお願いしています」と彼は言いました。

以前は、空のワクチンに関する情報がソーシャルメディアで流布されていました。 流通している情報によると、予防接種はイペカ・プリット・ティムール学校で行われました。

「私たちのメンバー達はまだ現場で働いています」と、月曜日(8月9日)に連絡を受けたとき、北ジャカルタメトロ警察署長のグルー・アリフ・ダルマワンは言った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。