タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Terima Bantuan dari China,
Luhut: Kita Harus Jalin Kebersamaan

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
11/08/2021, 11:53 WIB


インドネシア政府は火曜日(2021年8月10日)に中国政府からCovid-19の取り扱いのための医療援助の寄付を受け取りました。

中国からの寄付を受け取る列は、海事投資調整大臣のルフット・ビンサル・パンドジャイタン氏が代表し、海事調整省の事務所で保健大臣のブディ氏が同行しました。

要注意!中国からの支援を受け、ルフット氏:私たちは一緒に築いていかなければ! COVID-19 | ワクチン

一方、中国政府は、蕭乾(しょうけん)駐インドネシア中国大使とファーウェイ社の代表者によって代表されました。

ルフット氏は水曜日の公式声明で、「インドネシア政府を代表して、インドネシア政府とその国民に提供された協力とその形について、中国政府、華偉と中国東方航空に感謝の意を表したい」と述べた。 (2021年8月11日)

インドネシアは、人工呼吸器、酸素濃縮器、酸素鼻カニューレ、酸素フェイスマスクなどの医療機器で中国からの寄付を受け取りました。これらのさまざまな医療機器は、今日インドネシアで、さらに感染が続いているCovid-19のデルタバリアントとの戦いに重要なツールです。

さらに、インドネシアは中国政府と協力して、国民が予防接種に参加できるようにすることも奨励しています。

ルフット氏はまた、インドネシアはワクチン、医療機器の製造、国際病院の建設など、将来中国からの医療セクターへの投資を支援すると述べた。

 「世界のどの国もこのパンデミックと単独で戦うことはできません。将来このパンデミックと戦うことができるようにするには、国家間の一体感、連帯、友情を確立する必要があります」とルフット氏は述べました。

その際、ブディ保健相は、中国からインドネシアへの医療機器の支援に感謝の意を表した。

「また、中国政府が私たちに与えてくれたことに感謝します。

そしてインドネシアに与えられたものは、インドネシア国民の生活を助けるだけでなく、中国政府からインドネシア政府へ、同じ人間としての形でもあります」とブディ氏は付け加えました。

ルフット氏とブディ氏の声明は、蕭乾(しょうけん)駐インドネシア中国大使に歓迎された。

彼は、インドネシアのCovid-19パンデミック状況も中国政府の懸念でもあると述べた。

2021年8月9日に寄付されたアイテムのいくつかが送られ、残りは金曜日に到着すると説明しました。

「中国とインドネシアの政府は良い友達であり、隣人であり、パートナーです。

パンデミックに直面して、この支援は、インドネシアに対する中国の友情と連帯の証です」と駐インドネシア中国大使は言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。