タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Klaim Kasus Covid-19 di 25 Provinsi Sudah Turun,
Satgas: Ini Tentu Jadi Kabar Baik

オンラインメディア「Suara.com」が伝えています!
Kamis, 19 Agustus 2021 | 18:10 WIB


Covid-19タスクフォースは、コロナ症例が25の州で減少し、西ジャワとジャカルタが最高であると述べました。

Covid-19タスクフォースのスポークスマンであるウィク・アディサスミト氏は、症例数が最も毎週減少した州は西ジャワで7,128例、DKIジャカルタで5,201例、東ジャワで4,407例、東カリマンタンで2,959例であると説明しました。 NTTは2,866件。

25州で、Covid-19件の症例が減少、タスクフォース:これはもちろん朗報! BOR | COVID-19 | 新型コロナ

ウィク氏は木曜日(2021年8月19日)の仮想記者会見で、「今週、インドネシアの25州または全州の73%で陽性症例が減少し、陽性症例の改善が見られた」と述べた。

彼は、このピークからの症例の減少の幸福感あるが、伝達率がまだ高いので、過剰反応しないことを望んでいます。

「過去3〜4週間で陽性の症例、死亡、BORが減少し、回復も増加しました。これは確かに、Covid-19の症例を抑制しようとするける私たち全員にとって朗報です。」と述べた。

ウィク氏は、次のようなケースで

急増した9つの州がまだあることを思い出しました。

  1. 中央ジャワは2,952ケース、
  2. バリは1,094ケース、
  3. 西パプアは667ケース、
  4. 中央カリマンタンは553ケース、
  5. 西スラウェシは295ケース、
  6. アチェは247ケース、
  7. NTBは208ケース、
  8. マルクは187ケース、
  9. ジャンビは41ケース

ウィク氏は、死亡率、治癒、陽性者症例に言及して、9つの州での、ベッドの占用率や、PPKM指揮所の準備割合が良くなかったため、依然として、大量に発生していると述べました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。