タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Vaksin Pfizer Tahap Awal Diperuntukkan
bagi Masyarakat Umum di Jabodetabek

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Sabtu, 21 Agustus 2021 | 14:36 WIB


インドネシアに到着した「Comirnaty」(コミナティ)ブランドのファイザーワクチンは、これまでCovid-19ワクチンを無料で受けたことがない一般の人々を対象としています。

初期の段階では、このワクチンはジャカルタ、ボゴール、デポック、タンゲラン、南タンゲラン、ブカシ(ジャボデタベック)地域に配布されていました。

ジャボデタベック地域に与える優先順位は、他の種類のワクチンと比較して複雑なロジスティクスシステムによるものです。 ファイザーワクチンは、特別な取り扱いと保管が必要であり、すぐに使用する必要があります。このワクチンの仕様は、摂氏-90〜-60度の非常に低い温度の場所に特別に保管する必要があるためです。

「このワクチンは、注射前にワクチンを希釈および希釈する方法など、コールドチェーンに対処するための特定の技術を使用するように訓練された医療従事者が準備する必要があります。」とウィディアワティ通信コミュニティサービス局長は土曜日(2021年8月21日)の声明で述べています。

ファイザーワクチンの合計1,560,780回分が、直接購入スキームを通じて先週の木曜日にインドネシアに到着しました。 徐々に、5000万のファイザーワクチンがこの計画を通じて今年インドネシアに到着するでしょう。

この金額には、今後数週間で460万回のGAVI / Covaxスキームを通じて無料で入手されるファイザーのワクチンは含まれていません。

GAVI/Covax:

Gaviワクチンアライアンス、CEPI(感染症流行対策イノベーション連合)及びWHOが主導する、ワクチンを共同購入する仕組み。(i)高・ 中所得国が自ら資金を拠出し、自国用にワクチンを購入する枠組みと、(ii)ドナー(国や団体等)からの拠出金により途上国へのワクチ ン供給を行う枠組み(Gavi COVAX AMC)を組み合わせている。

https://www.mhlw.go.jp/content/10501000/000672596.pdf

ファイザーワクチンは、2021年7月14日にBPOMから緊急使用許可(EUA)を取得したため、コミュニティに直接注射することができます。

現在、インドネシアでCovid-19ウイルスと戦うために使用されているワクチンには、

コロナバックワクチン(シノバック製)Coronavac:

中国のシノバック製の完成ワクチン

シノバックの原材料を使用してBioFarmaが製造したワクチン

英国のAstraZenecaワクチン

Modernaワクチン、

および米国のPfizerの6種類があります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/CoronaVac

「政府は、Covid-19ワクチン接種の対象である2億800万人のインドネシア人を保護するためのワクチンの入手可能性を確保するために、さまざまなメーカーから最高のワクチンを持ち込み続けています」とウィディアワティ氏は述べています。

「インドネシアにはいくつかの種類のワクチンがありますが、政府は現在のCovid-19ワクチンの安全性と有効性を保証しているので、ワクチンに気を配らないように人々に呼びかけます。すぐにワクチンを接種してください」とウィディアワティ氏は結論付けました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。