タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Polda Metro Tak Lagi Periksa STRP
Saat Ganjil Genap Diberlakukan

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Sabtu, 21 Agustus 2021 | 17:46 WIB


ジャカルタ警察は、奇数偶数システムを備えた自動車の制限が再制定されたときに、労働者登録証明書(STRP)をチェックしなくなりました。土曜日(2021年8月21日)

サンボド氏によると、奇数偶数エリアを通過できる車両は、黄色いプレートが付いた公共交通機関の車両と、公式プレートを使用した公用車です。

ジャカルタ州警察は、「奇数偶数交通規制」でもSTRPをチェックしない! COVID-19 | STRP

「公式プレートを使用しないサービス車両は自家用車と見なされます」と彼は言いました。

さらに、ジャカルタ警察は、このポリシーの目的を首都で最大限に達成できるように、奇数偶数規制に違反する四輪車に違反のチケットを提供する形で制裁措置を適用することも検討しています。

罰金を適用する前に、交通標識が設置されていることを確認する必要があります。

「要点は、チケットを使用するだけです。奇数または偶数の数字には印が付いているので、後で見れば、すぐにわかります。」とサンボド氏は述べています。

その後、交通標識が設置された場合、係員はより自由に監督し、運転手に罰金を科すことができます。 チケットは手動または電子的に提供することもできます。

「誰かが奇数偶数に違反した場合、それは交通標識第287条第1項の違反を意味します。したがって、最初に奇数偶数規制をされたエリアを確認する必要があります」とサンボド氏は述べています。

これまで、警察は罰金を科す計画に取り組んでいます。 奇数偶数エリアに違反する居住者は、現在、警告のみが与えられ、向きを変えるように指示されます。

奇数偶数システムによって現在適用されている道路は次のとおりです。

  1. Jalan Jenderal Sudirman
  2. Jalan MH Thamrin
  3. Jalan Medan Merdeka Barat
  4. Jalan Majapahit
  5. Jalan Gajah Mada
  6. Jalan Hayam Wuruk
  7. Jalan Pintu Besar Selatan
  8. Jalan Gatot Subroto.

カテゴリー「ニュース」記事リスト
 
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。