タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Jakarta Terapkan PPKM Level 4 meski
Berstatus Zona Hijau Covid-19, Ini Penjelasan Anies

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
23/08/2021, 10:35 WIB


ジャカルタ知事のアニス・バスウェディン氏は、ジャカルタがCovid-19グリーンゾーンに入ったとしても、中央政府によると、PPKMレベル4の延長を決定する際に、多くの考慮事項を持っていると述べた。

ジャカルタはCovid-19「グリーンゾーン」でも、PPKMレベル4(アニス州知事) PPKM

考慮事項の1つは、ボゴール、デポック、タンゲラン、ブカシなどのバッファーエリアで、Covid-19に於いて取り扱いを注意しなければ場所。

「中央政府が検討しているのは、左右の隣人(ボデタベック)がまだ100%制御されていないため、ジャカルタに変化があった場合、別の急上昇が起こるのではないかと懸念されている。」

とアニス氏はバーチャルディスカッションで述べた。このディスカッションはGelora TV Youtubeアカウントにアップロードされました、日曜日(8月22日2021)

さらに、アニス氏は、首都でのCovid-19ワクチン接種の達成率は103%に達したと説明しました。 緩衝都市での予防接種の達成はまだ50パーセント未満です。「私たちの隣人は、またワクチン接種から15パーセント、いくつかは20パーセントの所があります。また30パーセントを達成した所もあります。」とアニス氏は言いました。

別途確認されたように、ジャカルタ・アフマッド・リザパトリアの副知事はまた、ジャカルタがCovid-19グリーンゾーンに入り、集団免疫を達成したと主張した。

この主張は、最近の首都でのCovid-19の活発な症例減少と、予防接種の実施の増加によります。

「神に感謝します。ジャカルタはグリーンゾーンに入り、集団免疫を満たしました。しかし、私たちはすべての居住者に規律を守り、健康プロトコルに従うようお願いします」

とリザ氏はアンタラが引用したように言った。

厳格な健康プロトコルを実施することに加えて、彼はまだ予防接種を実施していないジャカルタの住民に、予防接種の目標がすぐに達成されるように、すぐに最寄りの予防接種センターを訪問するように勧めました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。