タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Luhut: Efikasi Vaksin Covid-19 Belum Ada
yang 100 Persen, Belum Bisa Harapkan Herd Immunity

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
23/08/2021, 18:40 WIB


海事投資調整大臣「ルフット・ビンサル・パンジャイタン」氏は、既存のすべてのCovid-19ワクチンの有効性はまだ100%に達していない、と述べました。

ルフット氏:Covid-19ワクチンの有効性はまだ100%ではなく、集団免疫を期待できない! COVID-19

彼によれば、集団免疫または集団免疫の達成は期待できない。 「確かに、すべてのワクチンの有効性はまだ100%ではありません。はい、平均は60%です。

したがって、実際に集団免疫が発生することは期待できません」と、放送されたYou tube「BPPT」チャンネルの43周年記念でルフット氏は述べました。 月曜日(2021年8月23日)

しかし、彼によれば、今後数年間、またはCovid-19薬が見つかるまで追求できることは、感染率を制御することです。

ルフット氏によると、この制御はさまざまな方法で実行できます。 「しかし、治療法が見つかるまで、今後数年間で何が起こるか?

このデルタ変異体(コロナウイルス)をさまざまな方法で制御するにはどうすればよいか」と彼は述べた。

ルフット氏はさらに、インドネシアでのCovid-19パンデミックの現状は改善し始めていると述べた。

その兆候は、多くの地域でCovid-19の陽性確認された症例の減少です。

「確認されたケースが改善し続け事例は、7月15日(2021年)のピークから78%に改善されました」とルフット氏は述べています。

 「しかし、ジャワーバリだけを見ると、昨日時点で87.3%減少した。今日、再び改善すれば、この数字は再び良くなる可能性がある」と彼は述べた。

しかし、ルフット氏は依然としてすべての当事者に現在の状況について警戒を続けるよう求めた。

彼は、世界のどの国も、彼らがCovid-19パンデミックを制御することができたことを確認していないことを思い出させました。

 「彼らがそれをコントロールできると言った国はありません。私たちもそうしていません」とルフット氏は言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

4 thoughts on “ルフット氏:Covid-19ワクチンの有効性はまだ100%ではなく、集団免疫を期待できない!

  1. 変異を繰り返すcovit – 19には集団免疫は不可能だと思います。

    効果が94~95%あるファイザーやモデルナワクチンでさえ以下の発表がありました。
    アメリカ・ミネソタ州の有効性分析(77,000名)
    1月(従来株)
     ファイザー76%
     モデルナ86%
    7月(デルタ株)
     ファイザー42%
     モデルナ76%
    *従来株にはアルファ株もあり、94~ 95%には成らなかったと推測します。

    ワクチンだけに頼るので無く検査数を増やして(PCR +抗原検査)、無症状でなおかつウィルス量(CT値の低い)の多い感染者を探して隔離して行く
    ①ワクチン
    ②検査数の拡大と習慣化
    ③国民の安全対策を徹底
    この組み合わせが必要かと思います。

    1. いつもコメントありがとうございます!

      有効性が、国によって、人種によって異なるのは、致し方がないのでしょうね。
      この問題は、コロナの対処法とコロナの責任追及や、経済対策などの、複数な問題が
      絡んでしまっているために、もやもやが晴れません。

      このメンタルな落ち込みもケアーする事が大切な気がします!

    1. ご心配お掛けしております。
      80%は、回復してまいりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。