タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

RI Terima Lagi 6 Juta Dosis Vaksin Sinovac
& Astrazeneca Bentuk Jadi

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Jumat, 27 Agu 2021 18:58 WIB


インドネシアは再びシノバック から、500万回分の「コロナバック」ブランドとして、1,086,000回分のアストラゼネカのワクチンを完成した形で受け取りました。

 どちらも直接購入スキームのメカニズムによるものです。

「2つのワクチンの存在により、インドネシアは2億870万回のCOVID-19ワクチンを接種するこを意味します」とビオファームのコーポレート部門兼COVID-19スポークスパーソンであるバンバンヘリヤント氏。は金曜日(8 月27日 2021年)

さらに600万回分のシノバック とアストラゼネカワクチンを受け取る! アストラゼナカ | シノバック | シノファーム

彼によると、政府は人たちのためにCOVID-19ワクチンの在庫を確保するためにワクチンを受け入れるよう努力し続けています。 バンバン氏は、2021年8月26日現在の保健省のデータに基づくと、34州のうち、14日以内にワクチンを保有するのは1州のみであると説明した。

これまでに配布されたワクチンの数は123,256,044であると彼は言った。

これらのうち、

  • 300万回のCoronaVac 1回目投与
  • 89,366,140回のビオファームからのCOVID-19ワクチン
  • 15,982,584回のAstraZeneca製、
  • 7,558,810回、モデルナ製
  • CoronaVac 2回の6,848,644回の投与、
  • 499,866回の助成金によるシノファーム

2021年8月1日から26日の期間に配布されたワクチンの総量は、36,631,654回に達しました。

「ビオファームは、保健省の指示に従って、COVID-19ワクチンを必要な場所に常に配布し続けます」と彼は説明しました。

一方、インドネシア大学医学部教授博士 スジャトミコ氏は、予防接種を受けた人の数で世界第6位、予防接種の回数で世界第7位にランクされているインドネシアの地位を歓迎し、

 現在までに、9,280万人以上のインドネシア人が2回または1回ワクチン接種を受けていることが知られています。これはよかった事で、これからも続けなければならない」と彼は言った。

しかし、彼はワクチン接種場所を拡大する必要があると評価します。 さらに、ワクチンの計算方法、送達、および配布の必要性の調整において改善が必要で、

ワクチン接種に消極的な人々について、ミコ教授は、COVID-19ワクチン接種の重要性を認識するために、さまざまな悪い情報の曝露を待たないように彼らに思い出させました。

「COVID-19に感染して、ICUに入ったり、亡くなられないように、しなくてはなりません。取り残された家族の経済と未来はひどいものになるでしょう。私たちはまだパンデミックです」と彼は説明しました。

免疫化の専門家、エリザベスジェーンソパルディ博士は、パンデミックを制御するために、免疫化の目標は、集団免疫を作り出すために、総人口の最低70%に到達することであると付け加えました。

一方、彼によると、インドネシアの予防接種率は21%にしか達していない。

インドネシアより人口が少ない国なら、70%に簡単に近づくことができます。

ワクチンの数が限られていることを考えると、ジェーン博士は、COVID-19の症例が最も多い地域を優先するよう地方自治体に奨励すると述べた。一般に、ほとんどの場合、人口密度が高く、移動性の高い地域で発生します。

「このようにして、免疫化の適用範囲は、均等に配布されるワクチンよりも速く広がります。」と、オランダのエラスムス大学の医療サービス研究博士は述べています。

彼は、またデルタ変異体の予防接種に消極的である人々に思い出させました。

デルタ変異体は、はるかに速く広がり、病気は2倍の速さで致命的に進行します。

「米国のCOVID-19症例の99%は、免疫化されていない、ワクチン接種せず、マスクをしないグループです」と彼は言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。