タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Luhut Somasi Haris Azhar, YLBHI:
Menekan Kebebasan Berpendapat

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Senin, 30 Agustus 2021 06:02 WIB


インドネシア法務援助財団(YLBHI)のアスフィ・ナワティ会長は、表現の自由を危うくするために「ハリス・アズハル氏」を召喚する、ルフット・ビンサル・パンジャイタン海事投資調整大臣の動きを見ています。

アスフィ氏は、召喚状は住民から政府関係者に送付されるべきであると考えています。

表現の自由の抑制!ルフット氏海事投資調整大臣が(インドネシア法務援助財団より)

彼は、公務員は国民からの監督を受けるべきだと述べた。

彼は、これまでの努力がインドネシアにおける表現の自由の成長を抑制する事があると信じています。 「召喚状があると、人々は政府を批判する前によく考え直す傾向がある」と彼は言った。

アスフィン氏は、召喚状が故意に使われたのではないかと疑っています。これは、公務員が犠牲者を演じることによって、一般市民からより多くの共感を得られるようにするためです。

「そうです。これはITE法 (電子情報取引法)に関する記事への侮辱について、あらゆる場所で批判をされた後です。」とアスフィン氏は語った。

「明らかに、これは表現の自由を抑制し、同じことをする人々を怖がらせようとする試みです。」

ルフット氏は、先週の木曜日にハリス・アズハル氏とコントラス・ファティアのコーディネーターに召喚状を送った。

この召喚状の根拠は、パプアで鉱業を営む引退したとされる将軍に関するハリス氏とファティア氏との対話です。

ルフット氏の弁護士であるジュニバー・ギルサン氏は、彼の依頼人がパプアでの採掘を通じて利益相反を起こしたことを否定しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。