タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Sekolah Dibuka, 70 Pelajar
Malah Kumpul Tawuran di Tangerang

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 31/08/2021 15:38 WIB


ジャカルタとタンゲラン市からの合計70人の学生が、月曜日(8月30日)の夜に乱闘をする予定だったために逮捕されました。

数十人の学生が以前、タンゲラン市のジャラン・ムハマドヤミンのスケートボードパークの周りに集まっていました。

学校が再開、70人の生徒がタンゲランでの戦いに集まる! タンゲラン

タンゲラン市のメトロ警察署長、ポル・コンベス・デオニジウ・デ・ファティマ氏は火曜日(31/8)の声明で、「ジャカルタから34人の学生、残りの36人がタンゲラン市から拘留されている」と述べた。

デオニジウ氏は、65人の生徒の保護者と学校当局にコーチングを受けるよう呼びかけたと述べた。

他の5人の学生はまだ検査プロセス。 なぜなら、これらの5人の学生のうち、警察は鎌の形をした8つの鋭い武器を見つけたからです。

「今朝、私たちは彼らの両親に電話しました。

一時的な指導を受けるため、ナイフを持ってきた5人の学生はまだ、警察で検査されています」とデオニジウ氏は言いました。

彼は、何十人もの学生が乱闘する機会が無くなったと言いました。 彼らは乱闘が起こる前に警察に捕まった。

「彼らはまだ戦いをしていません。

「彼らはすでに確保されており、両親は召喚され、私たちは彼らが行動を繰り返さないように声明を出し、データを収集した後、彼らをそれぞれの家に戻す」と彼は言った。

タンゲランでは、対面学習活動は現在行われていることが知られています。 一方、ジャカルタでは昨日月曜日(8月30日)にスタートしました。

これに基づいて、デオニジウ氏は、子供が家の外に居る時は、親に子供を注意深く監視するように求めています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。