タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Varian Baru Virus Corona C.1.2
dari Afrika Selatan Bisa Lebih Menular

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
31/08/2021, 16:02 WIB


南アフリカの研究者は、Sars-CoV-2コロナウイルスの新しい亜種が南アフリカで検出されたと言います。

彼らは、C.1.2と呼ばれるこの亜種は、より感染性が高く、Covid-19ワクチンによって提供される防御を回避する可能性があると警告しました。

南アフリカからのコロナウイルス「C.1.2」の新亜種は、より感染性が高い可能性あり!

国立伝染病研究所の科学者と、南アフリカ共和国のクワズールーナタール州にある、クワズールナタール研究イノベーションおよびシーケンスプラットフォームの同僚は、C.1.2が関心のある変異株になる可能性があると述べています。

WHOによると、Variant of Interestは、SARS-CoV-2ウイルスの亜種であり、ウイルスの特性に影響を与える可能性のある遺伝的能力を持っています。

ウイルスには特徴があり、とりわけ、病気の重症度、免疫の解放、感染、診断や治療を回避する能力に影響を与える可能性があります。

ただし、このVoIが懸念される変異株(VoC)に発展する可能性があるかどうかについては、まだ調査が必要です。

  • 注目すべき変異株:Variants of Interest (VOI)  :Eta、Iota、Kappa、Lambda
  • 懸念される変異株:Variants of Concern (VOC) アルファ、ベータ、デルタ、およびガンマ

火曜日(2021年8月31日)のヒンドゥスタン・タイムズからの報告によると、C.1.2バリアントは、2021年5月に南アフリカで最初に発見されました。

それ以来、C.1.2バリアントは、中国、イングランド、ジーランドニュー、ポルトガル、スイスや

モーリシャスのコンゴ民主共和国でも発見されています。

研究者らは、C.1.2には他のVoCやVoIよりも多くの変異があると付け加えました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。