タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Masih Didominasi Varian Delta,
RI Juga Waspadai Varian Lambda

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Selasa, 31 Agu 2021 16:04 WIB


ブディ・グナディ・サディキン保健相は、デルタ変異体の出現によるインドネシアでのCOVID-19症例の急増をほのめかしました。

デルタ変異体が優勢になり始めた世界の他の多くの国でも、劇的な増加が見られました。

デルタ変異体またはB.1617.2は、より高速の伝達機能を備えていると考えられているため、注意が必要なものの1つです。

デルタ変異体の蔓延は世界中でもほぼ検出されています。

「新種を予測するのは難しい。

世界はワクチン接種を長い間遅らせているので、

感染を続けている内に新しい変異体が、また生じるだろう」と月曜日(2021年8月30日)のPPKM記者会見でブディ保健相は述べた。

同じく警戒しているもう1つの亜種は、ラムダ亜種(C.37)であり、WHOによって亜種として分類されています。 この亜種はペルーで最初に検出され、南アメリカで流行りました。

「これまで、ラムダなど、調査中の新しい亜種がいくつかありますが、それらはまだ南アメリカに集中していることがわかります」と彼は言いました。

保健大臣はまた、コロナ亜種の蔓延に関連する世界情勢についても説明しました。 デルタ変異体がASEANで支配的であることがわかります。

  • インドネシア:デルタ変異体(B.16.17.2)
  • マレーシア:デルタ変異体(B.16.17.2)
  • シンガポール:デルタ変異体(B.16.17.2)
  • タイ:デルタ変異体(B.16.17.2)
  • 日本:アルファ変異体(B.117)およびデルタ変異体(B.16.17.2)
  • 米国:デルタ変異体(B.16.17.2)
  • イスラエル:デルタ変異体(v.12)
  • ベネズエラ:調査中の変異体(B.1621)およびデルタ変異体(B.16.17.2)
  • コロンビア:調査中の変異体(B.1621)
  • ブラジル:ガンマ変異体(P.1)
  • チリ:ガンマ変異体(P.1)
  • ペルー:ラムダ変異体(C.37)

WHOによると、ラムダの亜種は感染を増加させる可能性があると言われています。 この変異体はまた、抗体に対する耐性が増加していると考えられています。

デルタ変異体と同様に、ラムダは伝染性が高く、ワクチンに対する耐性が高いと考えられています。

現在、ラムダの亜種は主に南アメリカに広がっています。 およそ28カ国がCOVID-19症例でラムダ変異体を特定しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。