タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

MUI Izinkan Penggunaan Vaksin Pfizer
Karena Kondisi Darurat

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 01/09/2021 09:38 WIB


インドネシアウラマーハラル評議会の副議長であるムハマド・ナドラトゥザマン・ホセン氏は、ファイザーバイオエヌテックが製造したコロナウイルスワクチン(Covid-19)は違法ですが、コロナウイルスの流行の緊急事態のために使用される可能性があると述べました。

MUIは緊急事態のためにファイザーワクチンの使用を許可! COVID-19 | シノバック | シノファーム

「ファイザーとアストラゼネカワクチンは、ハラームであることが知られています。それは、(※1)ハラームですが、必要性と緊急事態があるので使用することができます」とナドラトゥザマンは水曜日(9月1日)に言いました。

(※1)ハラーム:イスラーム法において非合法なものの事

ナドラトゥザマン氏は、ファイザーのワクチンに関する完全な(※2)ファトワが近い将来一般に公開されると述べた。 ただし、ファトワに関する決定は、数日前からMUI(インドネシアウラマー評議会)によって行われています。

(※2)ファトワ:イスラム教においてイスラム法学に基づいて発令される勧告、布告、見解、裁断

「現在修正・編集している」と彼は語った。

さらに、ナドラトゥザマン氏はイスラム教徒にファイザーワクチンの使用について心配しないように求めました。 彼は、ワクチン接種はコロナウイルスを防ぐためのイスラム教徒の努力であると強調しました。

彼によると、現在のパンデミックの真っ只中で、生命を守るための努力が最優先事項であるとのことです。

したがって、インドネシアウラマーハラル評議会には、ワクチンに関連するファトワを発行する際の(※3)ルクサまたは寛大さの原則があります。

(※3)ルクサ:免除

「緊急事態と必要性のため、禁止されているが許可されている」と彼は述べた。

以前、宗教大臣ヤクト・チョリル・クオマス氏は、MUIのファトワがファイザーワクチンの内容物に汚れた要素が含まれていることを示したことを明らかにしました。

しかし、インドネシアは現在コロナウイルスの非常事態にあるため、MUIは依然としてワクチンの使用を許可すると彼は述べた。

「ワクチンの(※4)ハラル性の問題は正しいので、最近、MUIから発行された3つのワクチン、アストラゼネカ、ファイザ、モデルナについて、緊急事態に伴って、汚れているが許可されているというファトワが発行されました。」

と述べた。先週の月曜日(8月30日)、DPRの委員会VIIIとの作業会議。

MUIは、中国が製造した2つのワクチン、シノバック とシノファーム、およびアストラゼネカワクチンのファトワを一般にリリースしました。

シノバックワクチンについては、MUIがハラール・ファトワを発行しました。 シノファームワクチンとアストラゼネカワクチンは、ハラーム・ファトワとして発行されましたが、緊急事態にあるため、引き続き使用できます。

(※4)ハラール:イスラーム法において合法なものの事


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。