タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Sendu Motor Listrik di Indonesia

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 01/09/2021 16:42 WIB


首都の新しい交通手段として、電動バイクの存在感が徐々に高まり始めています。

現在はまだ数が少ないですが、使ったことがある方もいます。

インドネシアの電気バイクが哀れ!

道路での電気モーターの出現は、新しいメーカーがさまざまな(※)ゼロエミッション製品を提供し始めたことに端を発しています。

(※)ゼロ・エミッションとは、

環境を汚染したり、気候を混乱させる廃棄物を排出しないエンジン、モーター、しくみ、または、その他のエネルギー源を指す。「エミッション」とは「排出」の意。(Wikipedia)

しかし、現在電動バイクを売り込もうとしているブランドは、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキなどのマーケットリーダーではないため、誰に尋ねれば良いかはわかりません。

今日の電動バイクの売り手は、運を試し、この業界で大胆に競争しようとしている新規または小規模の企業です。

一方、市場のリーダーたちは、従来の二輪車でのビジネスでまだ忙しいです。

これまでのところ、電気モーターに関するマーケットリーダーの活動は、製品の紹介、レンタルの形でのビジネス、他の起業家や政府との共同研究に限定されています。

一方、純粋な電気バイクがいつ販売されるのかについて、投資コミットメントの確実性は、これまで聞かれていません。

経済金融開発研究所のエコノミストであるビマ・ユドゥヒスティラ氏は、現在、その大部分がインドネシアのオートバイ産業協会の傘下にある市場を握っているリーダー達(利用者)が抑制している可能性が高いことに同意しています。

彼は、電動バイク市場がまだ形成されていないため、メーカーはそれほど大きくないかもしれないと評価しました。

この新しいタイプのモーターサイクルの開発にはもっと時間がかかるだろうと彼は言った。ビマ氏 8月1日、水曜日

「高価なのに、車には大きなチャンスがあります。なぜか?、この比較から、10家族のうち7家族がバイクを持っているに違いありません。一方、10家族のうち、車を持っているのは3家族だけです。したがって、この車のチャンスはまだかなり大きい」と語った。

別の見方では、電気自動車で、もっと注目されていると彼が考えるのが、規制の問題です。

これは、税制上の優遇制度など、多くの法的な傘で、守られていると見ることができます。

税制上の優遇措置に関する規制の1つは、高級品の消費税(PPnBM)の対象となる自動車の形で高級品として分類される課税対象商品に関する2019年の政府規制(PP)番号73です。

続きはこちらから(インドネシア語)


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。