タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Pfizer dan Merck Uji Coba Obat Covid Oral

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Kamis, 2 September 2021 | 13:42 WIB


ファイザーとメルク社は、Covid-19の実験的経口抗ウイルス薬の新しい試薬を発表しました。 ロイターが報じたように、より簡単なCovid-19治療の競争が激化し始めたため、発表は水曜日(2021年9月1日)に行われました。<ニューヨーク>

ファイザーとメルクの「トライアル」の経口コロナ薬!<モルヌピラビル> COVID-19 | ファイザー | モルヌピラビル

ファイザーは、最新の中期から後期の試験では、コロナウイルス感染と診断され、重篤な病気のリスクがない入院していない成人1,140人が登録されていると述べた。

試験中の患者には、PF-07321332として知られるファイザーの錠剤と、HIV感染の併用療法で広く使用されている古い薬である低用量のリトナビルが投与されます。

ファイザーの薬は、コロナウイルスが増殖するのに必要な重要な酵素の活性をブロックするように設計されています。

メルク社は、この新しい試験では、コロナウイルス感染症と診断された人と同じ世帯の成人を対象に、Covid-19予防のための実験薬「モルヌピラビル」を研究すると述べた。

メルク社とパートナーのロッジバック・テラピピュティクス社は、入院していない患者を対象に、この薬が入院や死亡のリスクを軽減するかどうかを確認するために、治療の後期段階の試験をすでに実施しています。

モルヌピラビルは、ウイルスRNAにエラー発生させ、最終的に複製を防ぐように設計された抗ウイルス剤の一種です。

ファイザーは、糖尿病などの基礎疾患のために重病になるリスクが高いCovid-19感染症の成人を対象に、7月にPF-07321332の別の試験を開始しました。

ファイザーとメルクのライバル、スイスの製薬会社ロッシュホールディング と協力して、Covid-19を治療または予防する最初の抗ウイルス薬となるものの開発において最も進歩しました。

現在まで、一般にレムデシビルとして知られているギリアド・サイエンシズの静脈内投与薬ベクルリーは、米国でCovid-19患者に承認されている唯一の抗ウイルス治療薬です。

ロッシュとパートナーのアテア・ファーマシューティカルは、6月に、実験的な経口抗ウイルス薬AT-527の試験からの予備データが、この薬が入院患者のウイルス量を低下させたことを示したと述べました。

6月、メルク社は、成功が証明され、規制当局によって承認された場合、米国政府が経口抗ウイルス薬の170万のモルヌピラビルの使用に対して約12億ドルを支払うことに合意したと述べました。

 同社は、早ければ2021年後半に米国でモルヌピラビルの緊急使用許可を申請すると発表した。

一方、ファイザーは7月に、PF-07321332の試験が成功した場合、第4四半期に緊急使用許可を申請すると発表しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。