タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

7 Bulan Penjualan Mobil Indonesia
Tertinggi di ASEAN

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Jumat, 03/09/2021 06:36 WIB


ASEAN自動車連盟が発表したデータによると、インドネシアは今年7ヶ月間で46万台を販売した。 この数字はタイの425,000台よりも高いです。

インドネシアが最高!ASEANにて車販売の7ヶ月 ASEAN

インドネシアの自動車販売台数は、2020年1月から7月に比べて60.8%増加しましたが、タイは同時期に比べて9.7%しか増加していません。

インドネシア、タイに次ぐASEAN諸国の販売台数は、マレーシアが256.000台、ベトナムが160.600台、フィリピンが154.000台、シンガポールが37,832台、ミャンマーが6,700台と続く。

売上高は増加しているものの、インドネシアの自動車生産は依然としてタイに劣っています。 インドネシアは58.8万台で2位、タイは967千台でトップです。

インドネシアでの自動車の販売と生産は、29台の現地生産車を対象としたPPnBM (奢侈品販売税) インセンティブによって支援されています。

PPnBM (奢侈品販売税)の割引により、自動車の価格が安くなり、景気が低迷しているときに一般の人々に吸収されるようになります。

工場が活動を再開し、その後、他のさまざまな裾野産業の動きが続くため、需要の増加により、業界は再び動き始めます。

ASEANでの自動車販売2021年1月から7月:

  1. インドネシア460,105台
  2. タイ425,633台
  3. マレーシア256,215台
  4. ベトナム166,516台
  5. フィリピン154,265台
  6. シンガポール37,832台
  7. ミャンマー6,765台

ASEANでの自動車生産2021年1月から7月:

  1. タイ967,764台
  2. インドネシア588,881台
  3. マレーシア244,063台
  4. ベトナム107,505台
  5. フィリピン50,046台
  6. ミャンマー1,048台

カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。