タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Bukan Kompeni, Ini VOC Sang
‘Penjajah’ Baru RI yang Kejam !

オンラインメディ「CNBCインドネシア」が伝えています!
03 September 2021 07:50


COVID-19ウイルス変異体の挙動は、パンデミックのほぼ2年間の課題でした。 実際、COVID-19の新しい亜種の存在は、使用されるワクチンの有効性を低下させる可能性があると恐れられています。

残酷なインドネシアの新しい「侵略者」VOC!(東インド会社ではない)政府の不勉強が露呈されたのか!? シノバック | ファイザー | モデルナ

これに関して、COVID-19タスクフォースのスポークスマンであるウィク・アディサスミト教授は、一般の人々に心配しないように求めました。

これには、インドネシアの予防接種プログラムで現在使用されているワクチンの種類が含まれます。

WHOは、良好な免疫を形成するためのワクチンの基準は、50%を超える有効性の値を持つものであることを確認しているためです。(要熟考あり!<編集員>)

「ワクチンの有効性の低下に対する正しい態度は、ワクチン接種の達成数に満足することではないです。

集団免疫が完全に形成されることを保証するために、人口の70%を超えることはさらに良いことです」とウィク氏は言いました。

木曜日(2020年9月2日)のGraha BNPBでのプレスステートメント、大統領事務局のYouTubeチャンネルでも放送されました。

ワクチン接種戦略の成功に影響を与える可能性がある別の要因は、ワクチンの全用量の投与です。

これは、1回目の投与後は免疫力が低下し、免疫力が最適に形成されて長持ちするために、2回目の投与を行う必要です。

ウィク氏は、接種されたすべてのCOVID-19ワクチンは、ワクチンの品質と安全性が保証されるために複雑なプロセスを経ていたことを強調しました。

また、免疫形成におけるワクチンの品質を監視するプロセスは継続されていて、実験室試験や中和試験だけにとどまりません。

また、コミュニティ規模での内部監視にさらされている。

既存の変異体の挙動に関して、WHO自体がCOVID-19変異の結果を、懸念のある変異株(VOC)または懸念のある変異株と、関心のある変異株(VOI)または観察された変異株の2種類に分けています。

注意すべきことはVOCです。 2019年に武漢中国で最初に発生した元のウイルスよりも感染性または感染性が高いと分類される特徴的な変化を示すことが証明されているためです。

インドネシアでは、2,321のサンプルの検査結果に基づいて、4種類のVOCのうち3つ、つまりアルファ、ベータ、デルタが見つかりました。

この変異体の存在は、使用されるワクチンの有効性を低下させる可能性があります。

現在のワクチンは一般的に元のウイルスを使用しているためです。

しかし、ウィク氏は、シノバック 、アストラゼネカ、シノファーム、モデルナ、ファイザーを含むインドネシアで使用されている5種類のワクチンについて心配しないように国民に求めました。

注射されたワクチンは、実験室試験の結果、または世界中の新しい変異体、特にVOCに対する集団での試験の結果に基づいて、依然として良好な免疫能力を提供します。(?要熟考あり)

ただし、COVID-19バリアントの挙動の中で、唯一の解決策としてワクチンに依存することはお勧めしません。

なぜなら、今日まで、イスラエルやアイスランドなど、60%を超えるワクチン接種を受けた国でも症例の増加が見られるからです。

ワクチン接種でパンデミックに対処するための努力は、最も理想的な保護を伴う必要があります。

つまり、健康プロトコルの規律を完全に実行し、全用量でワクチン接種され、予測的な3T(テスト、追跡、および治療)努力を実行します。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。