タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Bali Sebut Seluruh Tenaga Kerja Pariwisata
Sudah Jalani Vaksinasi Covid-19

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Sabtu, 4 September 2021 06:56 WIB


バリ州はますます外国人観光客の到着を受け入れる準備ができています。

これは、神々の島のすべての観光労働者がCovid-19に対してワクチン接種を受けているからです。

「このワクチン接種は、国際観光客へのバリ観光の開放に備えて実施された一連のプログラムの第十二回目です」と、2021年9月3日金曜日、デンパサールのバリ州観光局のの責任者プトゥ・アスタワ氏は述べました。

アスタワ氏によると、ワクチン接種は、観光部門で集団免疫を構築することにより、Covid-19の感染を防ぐ最も効果的な方法の1つです。

バリは、すべての観光労働者がCovid-19ワクチン接種を受けた! COVID-19 | バリ | ワクチン

したがって、ワクチン接種タスクフォースチームと一緒に努力を後押ししました。

「この分野のすべての関係者、特にワクチン接種タスクフォースチームが最適に作業してくれたことに感謝します」とアスタワ氏は述べています。

インドネシアホテル・ゼネラルマネージャー協会の会長でもあるワクチン接種タスクフォースの長でもあるアグス・クトッツ・ヨガ・イスワラは、観光労働者のワクチン接種を成功させるためのシステムを設計したと述べた。

そのチームは、ワクチン接種を受ける労働者の数を記録し、彼らが観光業で働いていることを確認できるアプリケーションを作成しました。

次に、チームはプラットフォームwww.dispardabali-vaccin.comを構築しました。リンクが約2週間配布された後、90,150人の登録者が登録されました。

その後、2月のワクチンの数が非常に少なかったため、ワクチン在庫の不足を避けるために登録は意図的に閉鎖されました。

「ジャカルタの観光クリエイティブエコノミー省と集中的に連絡を取り、調整し、バリ州保健局と調整することで、提供されるワクチンの数も非常に限られていたため、予想どおりではありませんでしたが、最終的に予防接種プロセスが進みました。 とヨガ氏は言った。

システムに登録されている90,150のうち、結局、政府がそれぞれの地区/都市で大規模な予防接種を実施したために、彼らの多くがそれぞれの居住地の近くで予防接種を受けることになったため、すべての人々が予防接種を受けることができませんでした。

最後の呼び出しでも、誰もワクチン接種を受けていないと述べていないため、

予防接種を受けていない場合でも、このシステムに登録されているすべての人が予防接種を受けていると記載されます。

2021年2月以降、

バリ島のチームは50回、つまり

フェーズIコロナワクチン接種で27回、

フェーズIIコロナワクチン接種で23回ワクチン接種を行っています。

このチームによるワクチン接種システムは、ワクチン接種目標を加速するために中央政府によって採用される予定です。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。