タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Menaker Terus Dorong Perusahaan
Laporkan Data Ketenagakerjaan Secara Online

オンラインメディア「Meredeka」が伝えています!
Sabtu, 4 September 2021 14:08


政府は、労働省を通じて、インドネシアのすべての企業に、ウェブサイトhttp://obligatorylapor.kemnaker.go.id にてオンラインで企業の義務である雇用報告書(WLKP)を通じて雇用状況の進展について報告するよう引き続き要請しています。

労働大臣は引き続き企業に雇用データをオンラインで報告するよう要請!

これまで、WLKPをオンラインで提出した企業の数が期待にあっていないため、この措置が取られました。

「これらの雇用データの重要性を考えると、すべての企業が雇用データを報告できるようにすることを推奨します」

土曜日(2021年9月4日)、中部ジャワのスマラン市開催された、

ハイブリッド(オンラインおよびオフライン)で、雇用報告のための技術会議でイダ・ファウジヤー氏は述べました

イダ・ファウジヤー氏は、手動で報告した企業の場合、オンラインで調整する必要があると説明しました。労働省は、すべての企業が規定に従って報告するためにオンラインを使用するように努力を続けています。

「この会議に参加した後、今日出席しているオンラインで登録された企業にお願いします。」

とイダ・ファウジヤー氏は述べています。

イダ・ファウジヤー氏は、2016年の国勢調査データに基づいて、2600万社の企業が存在することを明らかにしました。

ただし、これまで、2021年8月28日現在の義務的雇用データ報告に記録されているのは359,872です。「これは、記録されている企業の数がまだ非常に少ないことを意味します」と彼は言いました。

イダ・ファウジヤー氏は、報告しなかった企業に対する刑事制裁という形での法的アプローチが唯一の方法ではないとしました。 「しかし、政府は教育的な予防を優先し、それを遵守した企業にも報酬や感謝を与えるだろう」と彼女は述べた。

イダ・ファウジヤー氏によると、オンライン雇用レポートによる企業登録に加えて、労働省データベースの企業データを更新し、雇用情報システムに統合された、他の雇用サービス(以下のような)を使用できるように、企業からのアクセスも提供します。

その中には、起業家や労働者/労働者の雇用保護を実現するためのコーチングサービス、雇用市場サービス、職業訓練サービス、およびコーチングサービス(会社規則/労働協約、賃金、労働時間/休憩時間、労働関係、社会保障など)があります。 

彼女は言った。

一方、労働安全衛生総局の局長であるハイヤニ・ルモンダン氏は、この社会化活動は、人事法に規定された、特に規制されたWLK(雇用報告書)の義務を満たすことで、労働者の理解を高め、認識を平等にすることを目的としていると述べました。 1981年の法律第7号。

「このハイブリッドオンライン雇用報告書の一般化および技術会議は、雇用のオンライン報告に関して発生するすべての雇用問題を解決できることが期待されているため、

企業は報告プロセスで正確に報告する義務をタイムリーに実行できます。」ハイヤニ・ルモンダン氏は言った。

この技術会議には、合計750人の参加者が参加しました。

構成は、730人の参加者(30人のオフライン参加者、700人のオンライン参加者)と20人の参加者が中央ジャワの労働移住省から来ました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。