タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Tarif PCR dan Antigen Turun,
Penumpang di Bandara Bali Naik

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 06/09/2021 07:42 WIB


アンカサ・プラル会社、空港支社「IGusti Ngurah Rai Bali」、タウファン・ユディスティラマネージャーは、旅行者がまだJava-Baliにいるにもかかわらず、抗原検査結果を使用できるようになったため、増加していることを認めました。

PCR・抗原検査価格が下がり、バリ空港の乗客が増加! PCR | 抗原検査

「その後、PCR検査価格が下がりました。また、再び上昇し始め、先週の金曜日(9月3日)から、抗原検査の価格をRp.99.000になりました。

彼の記録に基づくと、バリ空港に出入りする乗客は、金曜日(3/9)に6,000人に達しました。

「以前は、バリ空港は毎日平均約2,500〜2,600人の飛行機の乗客にしかサービスを提供していませんでした」と彼は説明しました。

タウファン氏は、Covid-19の症例の減少を伴い、

バリ空港での飛行機の乗客数の増加が続くことを望んでいます。

したがって、彼は、すべての乗客と空港サービスのユーザーは、健康プロトコルを実行することによって規律を維持する必要があることを強調しました。

バリ空港はPeduli Lindungアプリケーションを実装するためのパイロットプロジェクトであり、すべてのフライト要件ドキュメントがデジタルで統合されているため、乗客は物理的なドキュメントを持ち歩く必要がなくなり、係官間の直接の接触を減らし、検査プロセスをスピードアップします。

「Peduli Lindungアプリケーションには、予防接種文書とCovid-19テスト結果があり、電子ヘルスアラートカード(eHAC)に記入します。また、このアプリケーションのユーザー向けに特別なルートを設けました。」と彼は説明しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。