タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

PHRI DKI Harap Syarat Masuk
Restoran Bisa Dipermudah

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Selasa, 7 September 2021 | 15:16 WIB


ジャカルタホテル・アンド・レストラン・アソシエーション(PHRI)BPD<地域開発銀行>の会長であるストリスノ・イワントノ氏は、Peduli Lindungアプリケーションを使用したレストランでの活動の緩和を歓迎しました。

レストランの入場要件を簡単にして!(ジャカルタホテル・レストラン・アソシエーション) Peduli Lindung

ただし、イワントノ氏は、Peduli Lindungアプリケーションだけでなく、レストランへの入場要件が簡単になることも望んでいます。

期待される利便性には、ワクチン証明を手動で表示できることが含まれます。 さらに、多くの高齢者は、モバイルデバイスでのアプリケーションの使用にあまり慣れていません。

「難しい場合は、手動で証明書を持参する人も許可されるといいのですが、多くの高齢者は理解していないので、結局難しいなら、入らない事を選んでしまいます。

また、アプリケーションの使用時に個人データのセキュリティが漏洩する恐れもある」と語った。

イワントノ氏は、現在ジャカルタのPHRIのメンバーのほとんどが、Peduli Lindung <Care Protect>バーコードを取得するために登録しており、バーコードが提供されるのを待つだけでよいと付け加えました。

「原則として、私たちは準備ができており、それらのほとんどはすでに登録されています」とイワントノ氏は語った。

知られているように、政府はこのアプリケーションを3Tプロセスの主要なインテグレーターとして使用し、3Mヘルスプロトコルを実装し、ワクチン接種を加速し、Covid-19の伝染を制御できるようにします。

これまでのところ、このアプリケーションは、貿易、運輸、観光、オフィス/工場、宗教、教育の6つの重要なセクターで使用されています。さらに、このアプリケーションは、従来の市場エリアや屋台にも実装されます。

このアプリケーションは、ジャワとバリ全体に実装されています。一方、Java以外では、ワクチンの初回投与の受信者数が50%を超える地区/都市でのみ使用されます。問題の地域には、アチェ、ジャンビ、クパン、パランカラヤ、バタムが含まれます。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。