タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Efek Samping Vaksin Johnson and Johnson,
Menurut WHO dan CDC

オンライン「CNNインドネシア」が伝えています!
2021年8月9日水曜日 15:50


WHOは、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のCOVID-19ワクチンの使用に関する暫定勧告を発表しました。

ジョンソンとジョンソンワクチンの副作用 についてです。

ジョンソン&ジョンソン(J&J)ワクチンの副作用!(WHOとCDC) COVID-19

J&Jワクチンは、1回接種するという点で他のワクチンとは異なります。 研究によると、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンは、18歳以上の人々のCOVID-19の予防に安全で効果的です。

このワクチンは、高血圧、慢性肺疾患、重大な心臓病、肥満、糖尿病などの病状のある人にも安全です。

研究によると、このワクチンはHIV感染者には問題がないことがわかっています。

ただし、WHOは、HIV感染者はワクチン接種前にカウンセリングを続けることを推奨しています。

HIV感染者に対するワクチンの有効性を評価するには、さらなる研究が必要です。(中略)

他のワクチンと同じように、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンにも副作用があります。 CDC(アメリカ疾病予防管理センター)から引用されたように、J&Jワクチンの副作用は一般的に軽度であり、数日以内に自然に解決する可能性があります。

ジョンソン・エンド・ジョンソンワクチンの副作用は次のとおりです。

  • 頭痛
  • 震え
  • 注射部位の痛み
  • 倦怠感

これらの副作用は通常、ワクチンを接種してから1〜2日以内に現れます。

発見された別の副作用は、ワクチン投与後、約15分内で軽度で起きます。

800万個のワクチンのうち635個の事例、または100万個のワクチンあたり8個の事例がありました。

参照文章(ジャカルタライフ独自で見出す情報)

https://multco-web7-psh-files-usw2.s3-us-west-2.amazonaws.com/s3fs-public/The%20Johnson%20%26%20Johnson%20COVID-19%20Vaccine-JAPANESE.pdf

非常にまれなケースですが、その他の副作用で、ワクチン接種後3〜15日で血小板が減少した血栓のリスクが生じる可能性があります。100万個のワクチンあたり7個の事例で発生しました。

他のケースでは、多くの人々のギランバレー症候群も報告されています。 この症候群は、体の免疫系が神経細胞を破壊し、筋力低下を引き起こし、時には麻痺を引き起こすことを特徴とするまれな障害です。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。