タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Heboh Non Nakes Dapat Dosis Ketiga,
Pemerintah DIminta Tak Jual Belikan Vaksi Covid-19

オンラインメデイァ「Suara.com」が伝えています!
Rabu, 08 September 2021 | 21:10


政府は、集団免疫が達成されるまで、Covid-19ワクチンを取引しないように求められています。 この異議は、インドネシアの健康オンブズマンのメンバーであるインドラザ・マルズキ・ライス氏によって伝えられました。

「私たちは保健省と連絡を取りました。共同免疫がない限り、人々がCovid-19ワクチンを購入することは非倫理的で不公平です」とインドラザ氏はメディア「ANTARA」が引用したように述べました。

驚き!非医療従事者が3回目で、Covid-19ワクチンを売買しないで(政府) COVID-19 | ワクチン

彼が政府にCovid-19ワクチンを取引しないように頼んだ理由は、多くの地域でこのワクチンへのアクセスもまだ不十分だからです。 したがって、人々がワクチンを購入しなければならないのは不公平。

したがって、インドラザ氏はまた、3番目のワクチンまたはブースターである、Covid-19ワクチンを販売する、多くの診療所またはワクチン接種サイトを監督するよう政府に要請しました。

「他の地域ではまだワクチン接種率が10〜15%であり、ワクチンも必要です」と彼は述べた。

その際、政府には予防接種のメリットを教育するための宿題がまだ残っているとも述べた。

「国民への予防接種の利点教育は、依然として政府の宿題です」と彼は言いました。

同じことが、(※)Lapor Covid-19の共同創始者であるアフマッド・アリフ氏によっても伝えられました。 彼は、パンデミックが終わっていない限り、Covid-19ワクチンはすべての人に無料でなければならないと言いました。


(※)インドネシア市民が作った新型コロナ情報プラットフォーム

参考記事:https://jktlife.com/jktlifenews/16381/


 

「要点は、このパンデミックがまだ起こっている限り、取引することは非倫理的であるということです」と彼は言いました。

彼によると、COVID-19ワクチンが市場で取引されている場合、お金を持っている人だけがワクチンにアクセスして購入することができます。

一方、保健省のデータによると、Covid-19ワクチンを2回接種したインドネシア人は現在39,721,571人に達しています。

それから、69,194,539人もの人々がインドネシアで使用されているさまざまな種類のCovid-19ワクチンの初回投与を受けました。

政府は、208,265,720人のインドネシア人が完全なワクチン接種を受けるか、COVID-19ワクチンを2回接種して、この病気に対する集団免疫を獲得することを目標としています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。