タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Studi: Vaksin Covid-19 Johnson Kurangi
Separuh Kasus Infeksi pada Nakes

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Kamis, 9 September 2021 | 00:28 WIB


ヨハネスブルグ、Beritasatu.com

ジョンソン&ジョンソンのCovid-19ワクチンは、医療従事者の病気にかかるリスクを約半分に減らします。

ブルームバーグが水曜日(2021年9月8日)に報告したように、これは南アフリカの50万人近くの医療従事者を対象とした最近の試験の結果から明らかになりました。

研究:医療従事者の感染症例を半分に!(J&JのCovid-19ワクチン) COVID-19 | ワクチン

「感染症のほとんどは軽度でした」と、Sisonke (シソンケ:南アフリカでの研究) としてよく知られている研究のリーダーの1人であるグレンダ・グレイ氏は言いました。

あるインタビューで、彼は以前に重篤な疾患に対するワクチンの有効性を示した、試験からの未発表のデータを引用しました。

すべてのCovid-19ワクチンと同様に、Johnson&Johnsonは、Covid-19による入院と死亡を防ぐ能力について意図されテストされています。

それでも、ワクチン接種を受けた人々の感染の割合によって、ウイルスの拡散を阻止する際に政府が直面する問題点を浮き彫りにしてしまいます。

これは、さらに感染性の高い新しい亜種の増殖につながる恐れがあります。

ヨハネスブルグのウィットウォーターズランド大学のブルース・メラド教授は、「ワクチンの疑いと相まって、ワクチンの有効性は限られています

軽度の感染を止めることは、感染の安定した流れが続くことを意味します。

しかし、メラド氏は、死と重篤な病気に対するワクチンの有効性は「人間の大惨事」を防ぐことができると言いました。 対照的に、ジョンソン・エンド・ジョンソンはコメントの要求にすぐには応答しませんでした。

この研究は、南アフリカが非常に伝染性の高いデルタ変異体によって引き起こされた、コロナウイルス感染の第3波を経験した数週間が対象とされています。

急速に普及している新しい亜種の出現により、集団免疫の目標を達成させることがより困難になっています。 集団免疫は、ウイルスの減少に影響を受けやすい人たちの割合を非常に低くして、拡散を阻害します。

ワクチンは、感染数と重症者を減らすことにより、変異体がさらに出現する可能性を制限します。 しかし、多くの国では、病気の深刻さを軽減させ、その後の集中治療の需要を減らすことに焦点が移っています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。