タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Ditangkap karena Main Judi,
Ketua KIP Aceh Barat Daya Terancam
Dihukum Cambuk 30 Kali

オンラインメディア「Meredeka」が伝えています!
Sabtu, 11 September 2021 07:36


西南アチェ県の独立選挙委員会(KIP)の議長であるイニシャルSA(49)は、ギャンブル事件に関連して警察に逮捕されました。

SAは、クアラバティー地区のアルエピサン村のアブラヤシ農園でトランプギャンブルをしたとして、他の6人とともに逮捕されました。

30回の鞭打ちの刑!ギャンブルで逮捕(西南アチェKIP議長) アチェ

逮捕は、警察への公開情報からわかりました。 SAと他の何人かの人々は、先週の木曜日(9月9日)に現行犯逮捕された時に逃げていました。

「しかし、関係者(SA)は、その夜、23.30 WIB頃に観念しました。私たちが確保された7人のうち、まだ3人がいます。現在、指名手配になりました。」

金曜日(9月11日)の記者会見で、西南アチェ警察の犯罪捜査責任者、イプトゥ・リヴァンディ・ペルマナ氏は述べた。

彼は、ゲームをプレイした南西アチェKIPの会長と一緒に、プレイしたイニシャルTN(53)の教師もいたと述べた。彼は現在、西南アチェ警察本部の独房で苦しんでいます。

さらに、警察はAZ(36)、IS(49)、TR(45)、JN(54)、SS(45)も逮捕しました。彼らはクアラバティー地区の人々です。

リバンディ氏によると、警察はギャンブル犯罪の証拠、つまり現金700万ルピア以上、トランプ2セット、ギャンブルの拠点として使用される防水シートを確保したとのことです。

彼によると、7人の容疑者は、ジナヤット法に関する2014年のアチェカヌン第6号の第19条で起訴された。「30回の鞭打ちまたは最大30ヶ月の投獄である」と彼は言った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。