タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Ribuan Warga Positif Covid-19 Ditolak Masuk Mall,
Asosiasi: Pusat Perbelanjaan Makin Aman…

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
12/09/2021, 13:40 WIB


このCovid-19陽性者と判断された人は、モールの入り口でQRコードをスキャンしたときに黒い通知を受け取ったために検出されます。

何千もの陽性者がモールへの入場を拒否される!ショッピングセンターはより安全(協会) COVID-19

インドネシアショッピングセンター管理協会(APPBI)のアルフォンズス・ウィジャジャ会長は、何千人ものポジティブなCovid-19訪問者がモールに入ることを拒否されたことは、ショッピングセンターがより安全になっていることを示していると述べました。

「ショッピングセンターは常に健康プロトコルを厳格に、規律正しく、そして一貫して実施しています。

ショッピングセンターは、訪問して買い物をするのに安全な施設の1つになりつつあります」とアルフォンズス氏は日曜日(2021年9月12日)のプレスリリースで述べました。

しかし、アルフォンズス氏によると、Covid-19に陽性者が歩き回る事には、政府による特別な対応が必要です。

モールへの入場は拒否されますが、他の公共の場所を歩き回ることはできます。

これは、近くの脆弱な人々を含む他の人々の安全を危険にさらします。このため、Covid-19陽性者の取り扱いは、特別な場所に隔離されるべきであるため、特別な注意を払う必要があると彼は言いました。

「政府は、彼らが不便でなく、一般大衆を危険にさらさないように、彼らが公共の場所で自由に歩き回らないようにする必要があります」と彼は言いました。

 さらに、アルフォンズス氏によると、モールを含むショッピングセンターは2層の健康プロトコルを実装しています。 現在、政府の指令によると、ますます多くのモールが必須のワクチン接種プロトコルを実装しており、これはPeduliLindungアプリケーションを通じてチェックされます。

もう1つのプロトコルは、最初から実装されている健康プロトコル、つまり「マスクの着用、距離の維持、手洗い」などを減らしたり、置き換えたりすることはありません。

「現在、ショッピングセンターでは2つのCovid-19プロトコル、つまり健康プロトコルと必須の予防接種プロトコルが適用されています。どちらもショッピングセンターの全員が健康であることを保証することを目的としています」と彼は結論付けました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。