タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Survei: 70% Orang Ingin Beli Huawei
Jika Pakai Google

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
2021年9月14日火曜日 11:45AM


ニュースサイトのPhoneArenaは、Googleを再度利用しようと思った場合、Huaweiの電話を喜んで使用する人の数を調べるために調査を実施しました。 答えは驚くべきものです。

知られているように、2019年にHuaweiの携帯電話ブランドは米国の貿易のためにブラックリストに載せられました。

調査:70%の人がHuaweiを購入したい?(Googleを使用する場合)

その結果、Huaweiは、Gmail、YouTube、GoogleマップなどのAndroidおよびGoogleモバイルサービス(GMS)を使用するサービスを使用することを許可されていません。

調査結果によると、9,952人の回答者の約70%が、GoogleのサービスがあればHuaweiの携帯電話を購入すると答えています。

Googleサービスがないにもかかわらず、14.47%もの人がHuaweiスマートフォンを使用しています。 この数字は、Huaweiに同情的であり、Googleに忠実であるのが、堅実であると見なされます。

GoogleのサービスにもかかわらずHuaweiを購入したくないのは5%未満であり、約11%がHuaweiの携帯電話を手頃な価格で購入することを再検討する準備ができています。

Googleサービスを使用していないため、Huaweiは独自のオペレーティングシステム、つまり2021年6月初旬に発売されたHarmonyOSを作成および開発することを決定しました。

このAndroidの競合OSでさえ、発売日から短期間で1,000万を超えるガジェットで使用されています。 現在、その数は7000万人を超えるユーザーに増えています。

このOSの開発者が登録数が400万人を超えただけでなく、これらの数は今後も増え続けるでしょう。

Huaweiは、クロスプラットフォーム統合とマルチデバイスサポートを備えたHarmonyOSを構築しました。

言い換えれば、オペレーティングシステムは、IoT(モノのインターネット)やスマートホームアプライアンスなど、多くのスマート製品にも参入します。

<日本語対応は、まだ未定> 2021年6月時点


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。