皆様とどうぞ共有ください!

Mencegah Gelombang
Ketiga Covid-19 di Indonesia

オンラインメディア「Meredeka」が伝えています!
Rabu, 15 September 2021 07:02


インドネシアは2021年12月に再び年末年始の長期休暇に直面します。長い休暇時には通常、人口移動が続きます。これにより、Covid-19の陽性症例数が急増しました。

2020年には、年末年始の長期休暇で人の流動が増えました。これにより、Covid-19の陽性症例が78%急増しました。一方、Covid-19の死亡例は当時46%に増加しました。

同様の事件が再発するのを防ぐために、アイルランガ大学の疫学者ウィンドゥプモモ氏は、政府は3つのことを行うことができると述べた。

まず、陽性のCovid-19患者との密接な接触者の検査およびその人たちの追跡調査を増やします。

現在、政府が実施するテストと追跡は最適ではありません。テストでフォローアップされていないことが判明した、密接な接触のケースはもっとたくさんあります。

実際、理想的には、密接な接触のケースの少なくとも85パーセントがテストされます。

「今までの、テストと追跡はまだ悪い。まだ検出されていない多くの感染者がいる。多くの追跡の後は、テストは行われない。」と彼は月曜日(9月13日)に電話でmerdeka.comの取材中に話した。

2番目の取り組みとして、政府はすべての公共エリアで「プドゥリリンドゥンギ・アプリ」を使用する政策を実装する必要があります。

このアプリは、密接な接触者やCovid-19陽性者など、危険な基準を満たす人々を検出できます。

このアプリの使用は、現在の政府によって設定された6つのセクター、つまり貿易、運輸、観光、オフィスまたは工場、宗教、教育にのみ適用で十分ではありません。

「このアプリは非選択的な方法で実行されなければならない。それはすべての公共の場でそれが使われなければならないことを意味する」と彼は言った。

3番目に、政府はすべての公共エリアでのこのアプリの実施を監督しなければなりません。監督は公共エリアの管理者だけに任せることはできません。政府は、Covid-19処理タスクフォースを通じて、このアプリの実装を直接確認する必要があります。

この監督は、Covid-19陽性者の基準を持つ人々や密接な接触を持つ人々に対する公共エリアの管理者による、不作為の行為を防ぐことを目的としています

「したがって、タスクフォースは、公共エリア、モール、公共交通機関、レクリエーションエリア、モスク、教会、すべての公共エリア、工場、オフィスを管理します。人の流動性を制御できます」と彼は説明しました。

ウィンドゥ氏によれば、上流側からのCovid-19症例の急増を防ぐことに加えて、政府は下流側、すなわち医療サービス施設も準備しなければなりません。病院の集中治療室(ICU)、薬、酸素、ベッドの利用可能性から始まり、一元化された隔離場所まで。

ウィンドゥ氏は、政府だけでなく、どこにいても健康プロトコルを遵守し続けるように国民に助言しました。健康プロトコルは、Covid-19の蔓延を防ぐための鍵です。

休暇を廃止する計画はありません。

政府は、国内でのCovid-19ウイルスの蔓延を減らすためにさまざまな努力を払ってきました。

そのうちの1つは、2020年末に長期休暇を短縮することでした。その時、政府は長期休暇を3日短縮することを決定しました。この休暇と共同休暇を削減する決定は、労働省、官僚改革省、および宗教省との人間開発文化調整大臣との合同会議で決定されました。

一方、今年の人間開発文化担当調整大臣のムハジル・エフェンディ氏は、休日の廃止に関する決定はなく、繰り返されない可能性があると述べた。これは、政府が引き続きコミュニティ活動制限の実施(PPKM)の方針を参照しているためです。

「大統領の指示によると、Covid-19パンデミックのこれからの傾向は、陶酔感ではなく、注意と高い警戒をもって取り扱われなければならない」とムハジル氏は述べた。

年末年始の計画はまだありませんが、保健省の直接感染症の予防と管理の責任者であるシティ・ナディア・タルミジ氏は、政府は引き続き検査と追跡を増やすと述べました。

政府はまた、2021年末の長期休暇中に観光地でこのアプリを実装することに焦点を当てます。

現在、政府は依然として健康プロトコルと人口移動の遵守を評価しています。健康プロトコルへの公衆のコンプライアンスが低下し、人の流動が増加した場合は、政府は2021年末の長期休暇中にそれを強化します。

「必要と思われる場合は、先日までのような政策、すなわちモビリティの強化が実行され、Covid-19症例の潜在的な急増を防ぐ」とナディア氏は述べた。

他の国は第3波を経験します。

Covid-19タスクフォースのスポークスマンであるウィキ・アディサスミト氏は、インドネシアでのCovid-19の症例は、他の国々がCovid-19の第3波に直面する時に減少すると述べました。

彼はインドネシアを、2021年1月にCovid-19の症例が同時に急増したマレーシア、米国、日本と比較しました。しかし、他の国が2021年4月に症例の2番目(第2波)の急増に直面した時とは異なりました。

そして、インドネシアが昨年7月に2番目のピークを経験したとき、他の国と世界は増加を経験しなかった。今年の9月、インドネシアのケースは減少し続けたが、世界のケースは3番目のピークを経験した」と述べた。(オンライン記者会見)

ウィク氏は、この状況は、Covid-19症例の急増に直面したインドネシアの回復力の証拠として評価されるべきです。と説明しました。

「地域社会全体、患者の取り扱いに精力的に取り組んでいる医療従事者、そしてインドネシアのすべての地域責任者間の良好な協力に感謝します。」と彼は説明しました。

彼は、症例の減少を維持するための鍵は、社会的および経済的活動に沿った健康プロトコルの維持、ワクチン接種と検査の適用範囲の拡大、および追跡と治療であると説明しました。

「今後数か月で第3の波や第3の急上昇にならないように、注意を払い、プロセスについて規律を保つ必要があります」と彼は結論付けました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください