Anggota DPR Minta Pemerintah Perketat
Tes PCR Pelaku Perjalanan Luar Negeri

オンラインメディア「Meredeka」が伝えています!
Kamis, 16 September 2021 08:25


衆議院委員会IXのメンバーであるラーマド・ハンドヨ氏は、インドネシア政府は、Covid-19陰性書類を持っているにもかかわらず陽性であることが確認された、海外からの何千人もの旅行者の発見に対して、真剣な行動を取る必要があると評価しました。

ラーマド氏は政府にこの問題が重大にならないように解決策を見つけるように求めた。彼によると、到着を閉じることは解決策ではありません。

「私たちはコミュニケーションや他の国から我が国へのフライトの到着などで、閉じることも不可能ではありません。

ましてや私たちの兄弟姉妹が乗るフライトが陽性にさらされているのですから。

今回の事は驚くべきことだと思いますが、最も重要なことは問題を解決する方法です。それをどのように軽減できるか?どのように予測するか?」とラーマド氏は木曜日(9月16日)に記者団に語った。

ラーマド氏は、外国人旅行者のPCRテストを強化する必要があると考えました。彼は、政府によって決定された検査結果のみを受け入れる日本の例に従うことを提案した。

「一つの解決策は、私たちが日本と同じことに従うことです。

日本では、インドネシアから飛行機で行く人は、インドネシアの研究所である、日本が設置した研究所に準拠した研究所で、PCRチェックの手順に従う必要があります。と彼は言いました。

この方法はより安全であると考えられており、不要なことを回避できます。信頼できると考えられている研究所との協力があるからです。

「たとえば、インドネシアに行きたいと思っている人たちが、インドネシア国内にあるその国の研究所と提携できれば、持ち込まれた書類で、私たちはより安全で安心になります」とPDIP党の政治家は説明しました。

さらに、ラーマド氏は空港と港の両方への国際的な入り口を厳しくする必要性を考慮しました。

保健大臣はデルタ変異体の存在が認められたため、特に航路は懸念事項であるに違いありません。 Covid-19の新しい亜種の脅威を考慮して、締め付けを行う必要があります。

「この脅威を軽減できるように、ステップを整理する必要があると思います。」

そして、この感染が私たちの社会に広がらないような道を作ります。

さらに、海外ではすでにいくつかの変異種が発見され、WHOで注意を促しているでしょう」と述べた。

海外旅行者は検疫する必要があります

Covid-19タスクフォースのスポークスパーソンであるウィク・バクティバワノ・アディサスミト氏は、すべての海外旅行者がインドネシアの領土に入るときは、段階的なスクリーニングに従わなければならないと強調しました。さらに、海外旅行者は8日間の検疫が義務付けられています。

この声明は、2021年9月1日から6日までの期間にインドネシアに入国した7,179人の海外旅行者の2%が、出発国からのCovid-19陽性の手紙を持っていたにもかかわらずCovid-19に陽性であったという発見に対応しています。

「すべての海外旅行者は、国内旅行を続ける前に、検疫と再検査を含む段階的なスクリーニングに従う必要があります。」と彼は水曜日(9月15日)にmerdeka.comに語った。

ウィク氏によると、このスクリーニングの実施の監督は、空港と国際港の港湾保健局(KKP)と、各公共施設のタスクフォースによって行われている。

保健省は、2021年9月1日から6日までの期間に7,179人もの外国人旅行者がインドネシアに入国したと述べました。これらのうち、2%がCovid-19陽性であることが確認されました。とナディア氏は言いました。

彼らは、インドネシアの到着の入り口で検査を受けた後、Covid-19の検査で陽性でした。彼らは出発国からCovid-19陰性の手紙を持ってきたにもかかわらず。

インドネシア到着時にCovid-19陽性と確認された旅行者の総数のうち、最も多いのは5か国からでした。つまり、サウジアラビア、マレーシア、トルコ、アラブ首長国連邦、シンガポールです。

一方、2021年8月1日から31日までの期間のデータでは、36,722人の総到着数から、4.5%もの海外旅行者がCovid-19に陽性であることが確認されました。彼らはまた、出発国からのCovid-19陰性証明を持ってきました。

ナディア氏によると、その期間に到着した人たちの中でCovid -19陽性であることが確認された海外旅行者に関する最高のデータを記録した国は、サウジアラビア、マレーシア、アラブ首長国連邦、韓国、日本でした。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。