Mulai Diproduksi 2022,
Segini Kisaran
Harga Vaksin Merah Putih Unair

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Kamis, 16 Sep 2021 09:32 WIB


PT.Biotis Pharmaceutical Indonesia(ビオティス・ファーマスーダクル・インドネシア社)とアイルランカ大学によって開発された「赤と白」ワクチンは、2022年に生産を開始することを目標としています。

この国産の赤と白のワクチンは、手頃な価格で入手できると期待されています。

ビオティス・ファーマスーダクル・インドネシア社社長であるFX スディルマン氏は、水曜日(9月15日)の衆議院委員会VII Iとの会合で、「ワクチンを開発し、手頃な価格で、できれば5米ドル未満で製造できることを願っています」と述べた。

米ドルに対するルピアの為替レートが14,200ルピアであると仮定すると、ワクチンの1回投与の価格は約71,000ルピアになります。 赤と白のワクチンは、2022年7月に一般に注射される予定です。

関連記事:https://jktlife.com/jktlifenews/13526/

参考までに、ビオティス社が現在開発している赤と白のワクチンは、アイルランガ大学と共同で、スラバヤのソエトモ病院によってサポートされている全ゲノム不活化コロナワクチンです。

彼らによって製造された赤と白のワクチンは前臨床試験のフェーズ2にあり、まもなく臨床試験プロセスの段階に入ります。 テストのこのフェーズは、9月に完了する予定です。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。