Raksasa Properti China Terlilit Utang,
Perusahaan RI Juga?

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!
16 September 2021 10:24


中国の不動産大手である恒大集団(エバーグランデ社)は問題を抱えています。借金で、そして生き残るために政府の助けを必要としているようです。

ブルームバーグは、ロイターが引用したように、中国の住宅当局は、流動性の問題のために、2021年9月20日に期限が到来するローンの利息をエバーグランデ社が支払うことができないと銀行に通知したと報告した。

さらに、まだ多くの銀行で支払い期間を延長しようとしています。

3,050億米ドルに達する義務があると言われています。 解決策がない場合、それは中国の金融セクターの<※>システミックリスクになる可能性があります。

<※>システミック・リスクとは、経済学用語の一つ。特定の金融機関や市場が機能不全となったならばそのことの影響が他の金融機関や市場にまで、さらには金融システム全体にまで波及する金融危機を起こすというリスク

 

格付け機関のS&Pは、エバーグランデ社の債務格付けをCCからCCCに格下げしました。 別の格付け機関であるフィッチも、エバーグランデの格付けをCCからCCC +に引き下げました。

フィッチによると、銀行や他の金融機関に対するエバーグランデの債務は5,720億元です。 さらに、銀行はまた、6,670億元相当のエバーグランデ社のサプライヤーに融資を提供しました。

エバーグランデ社への<※2>エクスポージャーが高い銀行は、不良債権(NPL)に対して脆弱になります。 これがシステミックリスクをもたらすものです。

<※2>エクスポージャーとは、投資家や金融機関、企業が保有する金融資産のうち、市場の価格変動リスクや特定のリスクにさらされている金額や残高、その比率のこと。

これは、エバーグランデ社が破産するには大きすぎる会社であることを示しています。 潰すには大き過ぎる。

エバーグランデ社の崩壊は多くの人たちを引きずり、リスクが大きすぎます。

したがって、中国政府は、中国経済全体にドミノ効果を引き起こさないように、エバーグランデ社に救済措置を提供するために介入する可能性があります。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。