Jokowi: Vaksinasi Door to Door
untuk Sisir Masyarakat Agar Dapat Vaksin

オンラインメディア「Sindonews」が伝えています!
Kamis, 16 September 2021 – 18:03 WIB


アチェ州の訪問後、ジョコ・ウィドド大統領は北スマトラ州に行き、戸別予防接種の実施を検討しました。

ジョコウィ氏は、ワクチン接種の加速がすべての州、地区、都市で確実に実行されるようにするためにこの措置が講じられると述べた。

同氏は木曜日(2021年9月16日)の記者会見で、「戸別予防接種の実施は、地域社会への直接的な奉仕の一形態であり、一般市民に予防接種を勧める」と述べた。

ジョコウィ氏はまた、ドアツードアサービスシステムは、病院、地方自治体、インドネシア国軍/警察、および保健センターにより、予防接種をスピードアップすることが期待されていると述べました。

「私たちは、すべての人がワクチンを接種できるように、なんとかしたいと思っています。 そうすれば、Covid-19の蔓延を回避することができます」と彼は言いました。

さらに、この戸別ワクチン接種はまた、一般の人たちへ、ワクチン接種へのアクセスを大いに促進します。 「サー、私はしていません、私はしていません」と言う人がいます。

既存の集落や村へを訪れてください。

これはまた、公衆を保護し、人々がすぐに通常の活動を実行できるようにします」と彼は言いました。

その際、彼は再び人たちにCovid-19と共存するよう頼みました。

 健康プロトコルと予防接種が重要ですから、私は人々にマスクを着用し続けることを勧めます。 戸別ワクチン接種を行えば、ワクチン接種を受けていない人はすぐにワクチン接種を受けるでしょう」と彼は結論付けました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。